逆質問集

面接で応募者から質問を受け付ける際、ただ漫然と質問に応じるだけでは意味がありません。
質問は、求職者のやる気がわかる大事な機会なので、採用の判断要素にしましょう。
「仕事への興味が感じられない質問」と「熱意が感じられる質問」の例をまとめましたので、面接官はぜひ参考にしてください。

質問は応募者のやる気を見抜く機会

質問は、求職者へ答えるだけの場ではありません。
採用する企業側にとっては、求職者のやる気を見抜く貴重な機会のひとつです。
それだけに、企業側も可能な限り慎重に求職者を見定める必要があります。

やる気のある求職者とやる気のない求職者では、質問の内容が違ってきます。
ただの質問タイムとするのか、やる気を見抜くチャンスとするかは面接官次第です。

準備不足がわかる、仕事への興味が感じられない質問集

NG逆質問集

【ホームページを見ればわかる質問】
・御社の企業理念はなんですか?
・御社の強みはなんですか?
・御社の売上高はいくらですか?
・主要取引先はどのような企業がありますか?
・御社の社員数は何人ですか?

【給料や待遇に関する質問】
・有給はどれくらいありますか?
・平均年収はどれくらいですか?
・残業はどれくらいありますか?
・有給休暇はとれますか?
・どのような福利厚生がありますか?
・インセンティブはありますか?

【最もダメなパターン】
・特にありません

注意する必要があるのは、給料や待遇に関する質問です。
その他の質問はせずに、給料や待遇の質問ばかりする求職者は仕事への興味よりもそちらを優先していると考えられます。

しかし、給料や待遇に関する質問をするからといって、必ずしも仕事そのものに対する熱意がないとは限りません。
求職者にも生活がありますから、給料や待遇を無視して就職はできないでしょう。
仕事や事業に対する質問をした上で、入社前に確認しておくべき質問であるなら、マイナスの点数をつける必要はありません。

熱意を感じる質問集

・入社までに勉強できることがあれば教えてください
・入社までに資格を取得したいと考えているのですが、どのような資格が役に立ちますか?
・◯◯の資格を持っているのですが、御社の事業で活かすことができますか?
・御社でご活躍されている方には、どのような共通点がありますか?
・◯◯の部署(◯◯の職)の一日のスケジュールを教えていただけますか?
・誰とでも打ち解けられるのが私の長所ですが、配属先の雰囲気を教えてください。
・御社が現在のビジネスモデルに至った経緯を教えていただけますでしょうか?

上記は、面接のハウツー本等にも記載されていますから、一概に熱意があるとは限りませんが、最低限面接のための準備をしてきていることは確認できますね。
また、熱意をもって上記のような質問をされる応募者は、質問に対して回答した後に、面接官から逆に深く質問をしても回答出来ます。
熱意を持たれている方との面接では、多くの面接官も経験しているかと思いますが、仕事の内容を深く話しても盛り上がります。
しかし、ハウツー本等でうわっつらだけ勉強してきていると話が途切れますよね。

まとめ

質問には、求職者のやる気が表れます。
働きたいという意欲がある求職者は、応募者からの質問だけでも仕事に対する熱意をこちらに与えてくれるはずです。
やる気のある求職者を見逃さないように、質問の内容にしっかり耳を傾けましょう。