新着記事

変化の時代こそ原点回帰

変化を追うのは大切だが… あらゆる人々の行動様式に変化を促すとされるアフターコロナの時代、これまでのビジネスモデルがうまくいかなくなったことに直面している企業の方も多いだろう。私もその悩みに直面している一人だ。起業してよ […]


怒りを喜びに転化する

目の前の感情をコントロールする 経営者たるものいつも沈着冷静でありたいと思いながらも、ついつい目の前のことに感情的になってしまったり、突発的・衝動的に行動してしまいそうになったり、そのことをふとした時に何度も思い出しては […]


困難な時ほど行動で挑む

現場に出ない社長? 起業して数年経ち、経営が軌道に乗るようになると、創業当初の苦労を忘れるのか、逆に覚えているからこそ、それを取り返そうとするかのように営業をしたがらなくなる社長を見かけることがある。しかし、会社にとって […]


整理・整頓の再考

社長自らが巡回、点検 かつて私が勤めていた会社では、1か月に1度、定期的に社長自ら幹部と連れ立って「環境整備点検」と称して、職場を巡回、点検して回り始めたことがあった。決しておざなりなものでなかった証拠に、それは丸一日を […]


銀行との付き合い方

Win-Winの関係構築へ よく銀行を目の敵のように言う経営者がおられる。確かに会社からすれば最も資金を必要とする時に、銀行は最も恐ろしい「貸し渋り」や「貸しはがし」の決定権を持つ存在であるので、警戒したり、最悪なのは「 […]


平時における危機感

従業員の視線の先 成長している会社にはどこか従業員がピリピリしていて、社内全体にピンと張りつめた雰囲気が漂っていることが多いように思う。先日訪問した会社はまさしくそんな感じだった。その会社は建設業界にあって、新たなビジネ […]


先を読む力

経営者の仕事 「経営者の仕事は先を読み予想される事態に手を打つこと」といえば、「今更そんなことは当たり前じゃないか」と笑われそうだが、私がまだ中堅クラスのビジネスマンをしていた時のこと、それを心から思い知らされた体験をし […]


自分と対話する時間を持とう

顔に責任を持つ 皆さん良くご存じの第16代アメリカ大統領リンカーンの有名な言葉に、「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」というのがある。これは閣僚を選任するに当たって、ある人物が推薦されたのだが、彼と会ったリンカーンは […]


顧客に寄り添うところから始まる営業

行動していますか? 「うちは営業が弱くて」…とは思うように売上が上がっていなかったり、経済状況が変化して競争条件が変わったために売上がダウンしたりした企業がよく使う常套句だ。ある企業で本当に営業が弱いのかと思って、「新規 […]


感謝する心

精一杯の笑顔で対応 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が引き起こした影響が多くの業種、企業の業績にダメージを与えている今だからこそ、「感謝する心」を持つことが大切なのだと思わせられる。先日利用した商店街の中の飲食店では […]