電話代行_問合せ
CUBE電話代行メニュー
 

電話代行のメリットとデメリット

電話代行サービスTOP >  電話代行のメリットとデメリット

電話代行サービスを利用することで、あなたにもあなたのお客様にも様々なメリットがあります。

メリット1. 顧客の安心・信頼を獲得

大切な顧客・取引先へ安心感を、それが信頼へ

・会社の代表電話へ電話をしてスマートフォンのアナウンスが流れる。
・リモートワーク・テレワーク中とアナウンスが流れる。
これでは初めて電話をされる方は不安を感じます。最近では、既存顧客も担当の携帯電話へ連絡が取れないから代表電話へ問い合わせをすることがほとんど。これでは、新規顧客をとりこぼすだけでなく、時にお客様の怒りをかってしまいます。仲の良い顧客でわかってくれているから大丈夫と甘えていると、どんなに長い付き合いの方も離れていくことも…。

こんな状況を打開してくれるのが電話代行サービスです。あなたと連絡がとれないお客様のイライラや不安をなくし、迅速な対応でスムーズに業務を進行。大切な顧客・取引先へ安心をもたらし、同時に信頼を得ることができるのです。

メリット2. 低コスト・低リスク

電話対応までは手がまわらない。でも、そのためだけに事務員を雇うのは…。そんな悩みを解決!

事務員をアルバイトで雇うとなると、給料が月々20万円程度でも、求人広告費や交通費、福利厚生費等を含めると1人分でさえ月々30万円以上のコスト負担になります。さらに、教育の負担や雇用のリスクも伴います。電話代行サービスなら、教育の負担も雇用のリスクもなく、顧客・取引先に安心していただける体制を構築出来ます。

さらに、特別な研修や教育を受けたスタッフの電話対応は、電話応対の教育や研修を受けていないライバル会社よりも顧客に好印象を与えます。

メリット3. 時間の有効活用・効率アップ

自由に外出、業務に集中でき、限られた時間を有効に活用!

商談中や急ぎの作業中に電話が入ったときなど、大切な電話とはいえ、電話応対に煩わされ、目の前の仕事に集中できないことはありませんか。

このような場合でも、電話代行を利用すれば、オペレーターがあなたに代わって大切なお客様に対応してくれます。あなたは、目の前のお客様や急ぎの業務に集中して取り組むことができます。

お客様からのお電話は、携帯電話や携帯E-mailへ、新規の問合せや緊急の用件は、担当者のスマートフォンへ内線感覚でつないでもらい、直接担当者が対応することも出来ます。

企業のニーズに合わせた方法で報告が入るので、あなたは安心して効率的に時間を使うことができます。

電話代行のデメリットとは?

デメリット1. いつ電話しても担当者が外出中としか対応できない?

自社都合の不在対応ばかりは不安!?

多くの電話代行会社では、「担当者から後ほどご連絡差し上げます。」となっていつ電話しても顧客は折り返しの電話を待たなければいけません。でも、新規顧客獲得や顧客維持を考えると出来る限り電話をかけてきてくれたときに対応したい!とお考えの方もいらっしゃると思います。CUBE電話代行サービスでは対応策として内線感覚で各担当者へ直接おつなぎする応答後転送サービスを提供しています。リモートワーク中に自宅で仕事中、レンタルオフィスのラウンジで仕事中の各担当者へ担当顧客からのお電話をおつなぎすることが出来ます。ライバル会社がリモートで対応が遅れる中、今まで以上に顧客とのつながりを深めて頂けます。

» 応答後転送サービスを動画で確認

デメリット2. 各電話代行業者の応対品質がわからない?

導入後、顧客からの電話件数が減ったら危険のサイン!

各電話代行業者のHPでは、似たようなことが記載されていますが、大体、実際のサービス品質は利用するまでわかりません。「担当者外出中で折り返しお電話差し上げます。」という簡単な対応だから誰でも出来るだろうと、どこの電話代行業者を利用しても同じと思われるかもしれません。確かに顧客から固定電話への問合せ件数が減っていますが、実は貴社と貴社の顧客の信頼関係に影響する重要な電話の割合は増えています。「HPフォームから問合せしてほしいだろうけど今知りたい!」とリモートが普及し半分諦めながらも電話されてきた見込み客や既存顧客、「担当者の携帯につながらない、でも急ぎ。」という契約直前の見込み客や既存顧客。そんな問合せに淡々と「担当者が外出中のため折り返しお電話させて頂きます。」や他人事のような対応だったらどうでしょうか。「じゃあ、金額が高い電話代行サービスに頼もう!」というのも早計なんです。高いイコール品質が高い訳でもないからです。そのため、CUBEでは対応策として、基本的には実際にクライアントの対応をさせて頂くスタッフが自社のお問合せも対応させて頂いています。さらにサービス保証制度で1ヵ月以内に応対品質が気に入らなければ全額ご返金させて頂きます。

» サービス保証制度はこちら

デメリット3. 営業電話と顧客からの電話は同じ?

大切な顧客からの電話問合せにメールで回答

笑い話ではありません。メールのやり取りでは話がかみ合わない。緊急で連絡を取りたい。と顧客から電話で問合せがあり電話代行会社から連絡が入っても、メールで返信。自身の作業に集中して緊急の顧客へも対応が後回し。そして、大きなクレームになるまで経営者が気付くことはありません。今、電話対応の苦手な社員が増えています。社長や管理職の方が驚くことが起こっています。

対応策としては、電話代行を導入する際に無駄な営業電話が省けること、総務や事務の電話対応の負担を失くせること等を伝えるだけではなく、顧客対応は迅速にすること、電話で問合せあれば基本は電話で折り返し連絡。どうしてもの際は取り急ぎメールで連絡。後ほど電話連絡。等行動指針を社内周知していただくことをお薦めします。

弊社スタッフが投稿したCUBE電話代行のメリットデメリットは下記からご欄いただけます。
» CUBE電話代行を利用するメリット・デメリットについてはこちら

これらは、基本的なメリットやデメリットであり、電話代行会社を選ぶ前に、知っておきたい基礎知識です。 実際に電話代行会社を選ぶ際には、これらだけの認識では当然不十分です。

それでは次に、電話代行会社についてお話します。 営業マンのセールストークに騙されてはいけない!そんなプロの知識を知っていただきたいと思います。

次は、セールストークに騙されない、失敗しない選び方のポイントを解説します。

» 電話代行の選び方

電話代行サービスについてもっと詳しく

各プランの詳細はこちら

CUBE電話代行_ページトップへ