財務諸表を味方に

私は会計士でも税理士でもないが、企業の成績表と言われる財務諸表の大切さぐらいは分かる。貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書―いわゆる財務三表の作り方までは分からないが、経営者としてその読み方、解釈の仕方がどうあるべきかということさえ押さえておけば良いのではないかと思っている。ところが、その中のキャッシュフロー計算書については上場企業でこそその作成が義務付けられているが、中小企業の中にはそれを作っていないところも多いと聞いた。それはとてももったいないことだと思う。

もっとも、先日お会いした個人事業主の方は貸借対照表さえ作っていないということだったので、別に驚くに値することではないのかもしれない。私は会計の専門家ではないので利用者としての話に留めたいと思うのだが、それでもやはりそれを利用することで現在の企業の状況、これからの企業の在り方について考える手段にはなるので是非キャッシュフロー計算書についても、貸借対照表や損益計算書と同様に毛嫌いせずに付き合わなければならないと思う。

営業、投資、財務の3つのセクション

キャッシュフロー計算書は基本的に3つのセクションから成り立っている。「営業キャッシュフロー」と「投資キャッシュフロー」と「財務キャッシュフロー」だ。キャッシュフロー計算書の構造は、「営業キャッシュフロー」でいかに稼ぎ、「投資キャッシュフロー」で将来に向けた事業の発展のための種まきをどれだけ行い、「財務キャッシュフロー」でその過不足をどのように調節しているかを見て、検討できるようになっているのだ。

まず一つ目の「営業キャッシュフロー」は企業の通常の営業活動でどれだけのキャッシュフロ―を稼いだのか、または失ったのかを表す。本業の実力での稼ぎを示すため、企業が正常であればプラスになっているはずだ。この営業キャッシュフローがマイナスの状態が何年も続くようなことになれば、資産を売却するか、借入、増資などを行わなければ、企業活動は維持できなくなる。

「投資キャッシュフロー」は投資にどれだけお金を使っているのか、逆に過去に投資したものを売却してどれだけの資金を得ているのかを表す。ここには設備投資のほか、Ḿ&A、ソフトウェア、さらに3か月以上の定期預金などのファイナンス的な投資も含まれる。

最後の「財務キャッシュフロー」は借入金、社債、発行株式などでの資金調達の状況と借入金などのファイナンスに関わる部分と、配当、自社株買い入れなどの株主還元に関わる数値が計上される。資金調達や返済がない状態なら、株主還元分がキャッシュフローのマイナスになる。

黒字倒産に陥らないために

キャッシュフローというと利益と混同される方もおられると思うが、「黒字倒産」ということがあるように、利益は出ているのに資金繰りがつかなくなって倒産に至るケースもある。企業が倒産するのは、たとえ利益が出ていようとも、手元にお金がなくなった時だ。利益が出ていてもお金がなくなる要因の一つが「売掛金」にある。

商品やサービスを顧客に提供した時に売上高が発生するが、それは現金がすぐに手元に入ってくることを意味しない。商品を売りはしたけど、現金がまだ支払われていない状態があり、それが売掛金として表される。売り上げは増えているのに現金が入ってこずに、支払わなければならない「費用」ばかりが増えていったとき、資金繰りはどんどん苦しくなっていく。最終的には、利益は出ているのに現金がほとんど手元にないという状態に陥ってしまうのだ。

在庫や投資の在り方に注意が必要

もう一つ、利益とキャッシュフローを大きく狂わせるのは「在庫」だ。損益計算上ではコストを安く抑えるために大量仕入れを行って在庫を積み増していっても、それだけでは「費用」は発生しない。その商品を売った時に初めて費用化する。しかし、実際に必要以上の在庫を買うことになると、これもまた資金繰りを圧迫する原因となる。

在庫はそれだけでなく、「陳腐化リスク」を持つ。流行に左右される衣服などは古くなると売れなくなる可能性が高くなるのだ。

さらに「投資」の在り方も利益とキャッシュフローを狂わせる大きな要因になる。投資を行っても損益計算上には表れない。それは資産が入れ替わるだけの話だからだ。企業のキャッシュフローに見合わない投資をすると、それも借入などでファイナンスをしていると、その返済のために黒字倒産になる可能性が出てくるわけだ。
今一度キャッシュフロー計算書を見て、事業の将来に思いを馳せたいと思っている。