iPadをPOSレジ化するサービスまとめ7選

今、タブレットPOSシステムに切り替える店舗が増えています。
iPadなどのタブレットを利用したPOSシステムは、一般的なPOSシステムよりも導入コストが安く、売上・在庫管理機能や分析機能などの各種機能が充実しているというメリットがあります。
リーズナブルな料金でiPadやAndroidタブレットをPOSレジにできる、便利なPOSレジサービスを7つまとめてご紹介します!

Airレジ

「Airレジ」は初期費用・月額費用が無料で、機能制限もなく使うことができます。
キャッシュドロアやレシートプリンタは有料ですが、「Airレジ」のシステムの利用料自体は無料なので低コストでの導入・運用が可能です。

iOSアプリとAndroidアプリがあり、タブレットとスマートフォンの両方で使うことができます。
無料ながら在庫管理、会計機能、顧客情報管理、売上集計分析、クレジットカード決済機能など必要な機能が揃っている便利すぎるPOSレジアプリです。

Airレジ
出典:https://airregi.jp/

スマレジ

「スマレジ」はiPadとiPhoneに対応しているクラウドPOSレジで、専用のジャケットやカードリーダーを装着することでCAT端末なしでクレジットカード決済をすることができます。
1店舗なら初期費用、月額費用ともに無料で、有料プランもリーズナブルな価格設定になっているので導入しやすいです。

機能は商品管理をはじめ、日次締め、月次締め、売上分析、マルチ店舗管理、顧客管理、ロス管理など300を超える機能が備わっています。
※プランによって使える機能が制限されます。

スマレジ
出典:http://smaregi.jp/

ユビレジ

「ユビレジ」はiPadに対応しているPOSレジで、iPadを2週間お試しでレンタルすることができます。
iPad購入前に、レンタルで使い勝手を試せるのは助かりますね。
無料プランは3日分の売上データのみの表示制限つきで、プレミアムプランは月額5,000円という料金設定になっています。

ユビレジ
出典:https://ubiregi.com/ja

EC-Orange POS

「EC-Orange POS」は多店舗・チェーン店向けのPOSレジシステムです。
料金は全アプリから1つを選べるプラン「Orange Cloud One」が月額9,800円、上位プランは問い合わせ対応となっています。
多店舗向けに開発されているので、EC連動、店舗受取といった多店舗経営に便利な機能が備わっています。

EC-Orange-POS
出典:http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/

smapos

「smapos」はiPad専用のPOSレジアプリです。
アプリのダウンロードは無料で、クラウド利用料は3,000円(アプリとクラウドの一体料金)となっています。
「smaorder」というタブレットとスマートフォンに連携させて利用できるオーダーリングサービスも提供しています。

smapos
出典:http://smapos.com/site/

Nexpo

「Nexpo」はiPad専用POSレジシステムで、初期費用は無料、月額980円から利用できます。
売上・商品管理・顧客管理・POS基本機能で1セット月額980円、在庫管理、売上分析もそれぞれ月額980円、複数店管理は月額500円という料金設定になっています。

Nexpo
出典:http://tensuke.jp/nexpo/

NEC モバイルPOSソリューション

20年以上POSシステムの開発・製造を手がけるNECが提供するモバイルPOSシステムです。
飲食店向けにテーブル管理、オーダリング端末連携機能が備わっています。
料金は個別見積もりとなっています。

NEC-モバイルPOSソリューション
出典:http://jpn.nec.com/mobile-pos/