ビジネスパーソンが最低限身につけておくべき3つのスキル

「ビジネススキルを磨こう」といわれても具体的に何をすればいいのかわからないとお悩みのビジネスパーソンは意外と多いのではないでしょうか?

そもそもビジネススキルとはどんな能力を指すのでしょう。平たくいえば「業務をうまく遂行するための能力」です。ビジネスパーソンには、最低限身につけておくべき3つのスキルがあるといわれています。そこで本記事では、ビジネスパーソンに必要とされる3つのスキルについて解説していきます。

ビジネスパーソンが最低限身につけておくべき3つのスキル

ビジネススキル

新人社員と管理職では求められる仕事が異なり、役職が上がるにつれて求められるスキルも増えてきます。パソコンを操作できる能力や英語を話せる能力以外に、問題解決能力や対人関係を円滑にする能力も必要になるでしょう。

ハーバード大学の教授ロバート・カッツ氏は、マネージャーには3つのスキルが必要であると提唱しています。

そのスキルとは、以下の3つです。

・テクニカルスキル(業務遂行能力)
・ヒューマンスキル(対人関係能力)
・コンセプチュアルスキル(概念化能力)

どれかひとつのスキルを磨けばいいというわけではありません。ビジネススキルは総合的に磨くことが大切です。それにより、仕事が円滑に遂行できるようになり、評価を得られるようになるのです。

テクニカルスキル

テクニカルスキルは実務を遂行するために必要な技術や専門知識を指します。職種や部署によって必要とされる内容は異なりますが、どんな業務であってもテクニカルスキルの要素は必ず存在するでしょう。

また、技術と専門知識はただ身につけるだけでは意味がなく、実務に活かす能力が求められます。資格を取得しても実務に使えなければ意味がないのと同じであり、テクニカルスキルは現場で必要に応じて使用できるからこそ意味を持ちます。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは対人関係能力のことであり、どんな仕事にも必須といえるスキルです。上司、部下、同僚、得意先、顧客など、ビジネスパーソンは日々いろいろ人とコミュニケーションをとります。意思疎通ができなければ仕事になりませんし、顧客相手だと商談が破断になったり、クレームに発展しかねません。

人見知りで対人関係が苦手…という方も多いかと思いますが、苦手意識を克服しなければいつまで経ってもビジネスパーソンとして成長しません。「千里の道も一歩から」ということわざの通り、少しずつでもいいのでヒューマンスキルを磨いていきましょう。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは、日本語では「概念化能力」と訳されます。抽象的な考えや事象を概念化して捉え、物事の本質を理解する能力です。

ビジネスパーソンは、複雑な問題が起きた時に状況を合理的に整理し、問題の本質を捉えて解決できる能力が必要とされます。コンセプチュアルスキルを身につけるためには、抱えている問題について、より深く考えることが大切になってきます。問題の表面だけを見るのではなく、問題を多角的に俯瞰視し、何が問題の核心となっているのかを見極めることを心がけましょう。

大事なのは実践すること

理解していても実践しなければビジネススキルは身につきません。うまくいかずに自分に苛立ちを覚えることもあるでしょう。しかし、少しずつでも実践するからこそ自分の中にスキルが蓄積され、ビジネスパーソンとして成長していくことができます。

ビジネススキルのある人と無い人との違いは、ちょっとした意識の差です。「ビジネススキルを磨こう」と意識して仕事をするのとしないのとでは、時がたつにつれて雲泥の差を生むことになるでしょう。ただ与えられた仕事を淡々とこなすだけでなく、目的をもって目の前の仕事に取り組んでみましょう。