Dollarphotoclub_80283468

経理業務は大部分が決まった作業を繰り返し行う内容であるため、効率化が図りやすい業務です。
スマートフォンで仕訳入力や帳簿付け、確定申告書作成ができるアプリを活用すれば、経理業務を今よりぐっと効率化できます。
経理業務を効率化することで、他の業務に時間をかけることができるようになるので、業績アップにつながります。
便利な経理アプリを5つまとめましたので、経理業務を効率化のためにぜひ使ってみてください!

クラウド会計ソフト freee(フリー)

クラウド会計ソフト-freee(フリー)アプリ
参考:クラウド会計ソフト-freee(フリー)アプリ

クラウド会計ソフトとして人気の「freee」のアプリ版です。
iOSとAndroidの両方に対応しています。

アプリ版をインストールしておけば、外出先で支出を登録できるので、忘れずに済みます。
スマートICOCAやPitapaと連携しておくと、改札を通っただけで記帳してくれるので、交通費記帳の手間が省けます。

「freee」は簿記の知識がなくても帳簿付ができるので、個人事業主から中小企業まで幅広く利用されています。

STREAMED

STREAMED
参考:STREAMED

領収書を1枚1枚、会計ソフトやExcelに入力するのは手間ですし、時間もかかります。
「STREAMED」は、スマートフォンアプリで領収書やレシートを撮影すると、オペレーターが手入力でデータ化してくれます。
機械での自動認識だと、印刷具合によって読み取りミスが起こりますが、オペレーターの手入力なので高い精度でデータ化できます。

駅すぱあと提供の経路検索サイト「Roote」との連携が可能で、運賃を「STREAMED」に共有することができます。
わざわざ後で交通費を記帳する必要がないので、経理の手間が省けます。

Airレジ

Airレジ
参考:Airレジ

「Airレジ」は、スマートフォンとタブレット対応の無料で使えるPOSレジアプリです。
通常、POSレジを導入するにはそこそこ費用がかかりますが、「Airレジ」は初期費用も月額費用もなしで使えます。
キャッシュドロアーやレシートプリンターなどの周辺機器は有料ですが、アプリ自体が無料で使えるので、低予算でPOSレジが導入できます。

「Airレジ」で受けた情報はクラウドサーバーに保存されるので、パソコンやスマホ、タブレットから随時売上管理ができますし、会計ソフトの「弥生会計」と連携して確定申告書を簡単に作成できる機能も備わっています。
予約管理、顧客管理、在庫管理の機能も備わっているので、経理以外の効率化にもつながります。

白色申告・青色申告の仕訳帳 Taxnote

Taxnote
参考:Taxnote

「Taxnote」は白色申告・青色申告の仕訳をiPhoneに入力できるアプリです。
入力した内容は、Excelなどの表計算ソフトをはじめ、「弥生会計 / やよいの青色申告」「やよいの青色申告オンライン」「freee」「MFクラウド」などの各会計ソフトの形式に出力することができます。
白色申告なら「Taxnote」だけで作成可能です。

お金を支払う都度、iPhoneでさくさくっと仕訳入力できる便利さ、有名ドコロの会計ソフトと連携できる便利さが「Taxnote」のおすすめポイントです。
操作性を重視して作られているので、慣れると手放せなくなります。

bizNote for 弥生オンライン

bizNote-for-弥生オンライン
参考:bizNote for 弥生オンライン

定番の会計ソフト「弥生会計」のアプリ版です。
「やよい白色申告 オンライン」か「やよい青色申告 オンライン」のIDがあれば利用できます。
iOSとAndroidの両方に対応。

やっぱりスマホから仕訳入力ができると便利ですよね。
画面はシンプルなので、操作はしやすいと思います。