業務効率化をサポートしてくれる5つのツール

個人事業主や少人数の会社では、事務や雑務にかかる時間も労力もばかになりません。
そうした作業に時間をとられると、売上につながる仕事にかける時間が少なくなってしまいます。
事務や雑務は可能な限り効率化して、短い時間で片付けたいですよね。

そこで今回は、業務効率化に役立つ5つのツールをご紹介します。
個人事業主や中小企業の業務を助けてくれるツールをピックアップしましたので、業務効率化に悩んでいる経営者は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

自動で帳簿付けしてくれるクラウド会計ソフト「freee」

freee
出典:freee

銀行口座やクレジットカード、レジ、ECサイトと連携しておくと明細を自動で取得し、仕訳登録してくれます。
取引先別の売掛・買掛金の管理、会社法に準拠した決算書・確定申告書の作成に対応しているので、会計にかかる手間を大幅に省略できます。

個人事業主向けのプラン、法人向けのプランがあり、いずれもリーズナブルな料金設定になっています。

クラウドで請求書作成・管理ができる「board」

https://the-board.jp/
出典:board

「board」は、クラウド型の請求書作成サービスです。
ExcelやWordなどで請求書を作成すると、枚数が増えるごとにどんどん管理が煩雑になってしまいますし、過去にさかのぼって請求内容を調べるのも困難になります。
「board」なら、クラウド上で請求書の作成・管理ができるので、バックオフィスの効率化に役立ちます。

また、「board」は請求書だけでなく、見積書、発注請書、納品書、検収書、領収書にも対応しており、先述のクラウド会計ソフト「freee」に売上・費用のデータを連携することも可能です。

名刺データを代行入力してくれるアプリ「Eight」

Eight
出典:Eight

「Eight」は、スマホカメラで名刺を撮影するだけで、名刺情報をデータ化してくれるアプリです。
撮影した名刺はオペレーターが手入力してくれるので、ほぼ正確にデータ化できます。

名刺をデータ化しておけば、氏名や会社名から検索して探せて効率的です。
名刺データをダウンロードするには月額400円の有料プランが必要ですが、基本は無料で使えます。

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート
出典:Googleスプレッドシート

「Googleスプレッドシート」はExcelと同等の機能を備えているツールで、オンラインで、しかも無料で使えます。
Excelファイルを開いて編集・保存できますし、Excelファイルを Googleスライドに変換する機能も備わっています。

また、PC、スマホ、タブレットのどの端末からでも使用でき、オンラインで編集を行えます。
他にも、同じスプレッドシートを複数人で使用できるので、共同作業に最適です。

クラウド上で日報共有できる「Gamba!」

Gamba
出典:Gamba!

「Gamba!」は、クラウド型の日報共有システムです。
チャットのタイムラインのような画面で日報共有が可能で、「いいね!機能」や「コメント機能」が備わっているので社内のコミュニケーション促進にも活躍します。
KPI目標の達成状況をグラフで可視化する機能も備わっていて、社員の目標意識を高める効果が期待できます。