電話応対は電話を受ける前から始まっていると思っています。
まず、電話を受けた時、相手の言葉がはっきり聞き取れないことがあります。
これは大変困ったことですが、携帯電話の電波状況だったり、
相手の話し方が聞き取りにくいかが主な要因です。
何度も繰り返し聞きなおしてしまうと、相手にも負担を掛けてしまいますので、
聞き取り難いことは、はっきりと伝えたほうが良いです。
そして、会話をしていく上で、発音をはっきりするために姿勢に気をつけることと、
しっかりした声を出す為に背もたれにはなるべくもたれないように気をつけています。
そして、以外と電話の声には、小さな周りの声が入っているので、
周りの状況にも気を使っております。
そして、声の調子でこちらがどんな姿勢で話をしているのかも伝わってしまうものなので、
発声する前には、背筋を伸ばし胸を張って、一度深呼吸するように心がけています。
しっかりとした声の出る姿勢をとることが大切です。
また姿勢だけ正しても、気持ちが落ちているとどうしても明るい声が出せません。
姿勢を正すと同時に、電話応対中は気持ちを切り替え、集中する事が大事です。
電話に出るときの最初の応対で、その会社の姿勢をお客様は感じ取るものなので、
まずは第一声を大事に対応して参ります。