お電話は声のみのコミュニケ―ションです。
声で全てを表現しないといけない為、応対の際は気を付けなければなりません。
気を付けるべきポイントとして、6つありますので、
1つずつご紹介させて頂きます。
今回は「卓立(たくりつ)」についてご紹介致します。
「卓立」とは、文章のある部分を際立たせることをいいます。
言葉のある部分を他の部分よりも高く言ったり、
強く言ったりして際立たせることで、強調したい部分を効果的に伝えることができます。
その為には、ペースや間の取り方を変えることで、重要な部分を際立たせることが可能です。
どこを強調するかを意識しながら、話す速さや声の強弱で際立たせていきます。
クレームのお電話の際は、特にこの「卓立」を意識してお話しなくてはいけません。
強調してお伝えしないと通常の応対では伝わらないこともあるためです。
伝えたいことがうまく伝わらない場合は、この「卓立」を意識して、
お伝えしてみてはいかがでしょうか。