私の以前の職場の上司に会う機会があり、話をしている時にこんな話になりました。
その先輩は美容関係のお店を経営されています。
お客様がお店に来なくなる理由は、
「お店やメニューに飽きたからではなく、スタッフに飽きたから」
これだけ沢山の魅力的な言葉や写真で飾られた広告に溢れている社会に生きていたら、
「触ってみたい!」「使ってみたい!」と思うのは当たり前です。
女性は、「触ってみて」「使ってみたら」それで満足します。
その後、スタッフを思い出してくれてまた会いにきてくれるかは、お店が魅力的だからじゃなくて、スタッフに会いたいからです。
私たちは電話代行のお仕事で、接客業とは違いますが、なるほどと感心致しました。
私たちのサービスも常にお客様にお役に立てるように努めていますが、
いつまでも変わらずにお客様に満足して頂けるようにより一層精進致します。
そのためにも、
自分には関係ないと思わず色んな本を読んだり、進んで経験を積み、
毎日の生活の中で見たもの、聞いたもの、触れたものを吸収し発信する事が大事なのではないかと学びました。