以前は接客の仕事をしていました。お客様は直接ご来店される方がメインです。もちろん、電話が鳴ると電話を取り、対応も致します。ただ、繁忙期になると直接ご来店される方が多く、電話に出ること自体が難しい状況も多々ありました。そんな時にやはり考えてしまうのが、
「忙しいのに電話をとれるわけがない。」
「電話をとるとその分時間もとられてしまう。」
 といったような否定的なことです。接客をされたことがある方は、誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。そんな状況では電話をとるまでに相手に不満を募らせてしまいます。
 では、逆の発想で考えてみましょう。
 相手がAのお店に電話をかけようと思いました。でも、電話をかけることが面倒だから、また何かの機会にAのお店に行って確認しようと考えました。しかし、結局Aのお店に行く事は無く、Bのお店で用が事足りたので、Aのお店に行くことはありませんでした。
 どうでしょうか。電話をとるのはもちろん労力も時間もかかります。
 しかし、それと同等に電話をかける側も労力と時間をかけているのです。
 労力と時間をかけても知りたいと思い電話をかけて下さっている方に、最初の段階で不満を抱かせてしまうと、せっかくの顧客獲得のチャンスを逃してしまいます。来店されている方ももちろん大切な顧客ですが、お電話頂いている方も大切な顧客なのです。
 とはいえ電話を取ってしまうと仕事が進まず支障がでてしまう・・・とお考えの方もいらっしゃると思います。そういった方たちのサポートをさせて頂くのが、電話代行というサービスなのです。
以前の職場で電話代行サービスを利用していたらどのようになったのか、と考えることがあります。私一人で判断できることではなかったのですが、電話対応の大切さを理解した上で、いろいろな可能性を考えると、利用してみてもよかったのかもしれませんね。