対応させて頂いているお客様の中には、
お客様了承済みであれば、お問い合わせ内容が複雑な場合、
ご対応させて頂く際に、確認のお電話をさせて頂く場合があります。
お忙しい所対応をして頂くことになり、
こちらとしても恐縮するばかりです。
ただ、普段メールでしかやり取りをしない場合には、
直接お話しさせて頂く事で、
お客様の人となりを垣間見ることができる貴重な機会であると考えています。
とあるお客様で、応対させて頂いた内容に対して、ご指摘を頂いたことがございました。
きちんと応対が出来ていなかったことに対して反省し、
次回以降はご指摘いただいた通りに応対をさせて頂こうと思いました。
その後、別の時に複雑な内容の質問を受け、ご確認で連絡させて頂いたことがありました。
その際、その方は非常に慌てた状態でお電話を受けられておりました。
この時、この方は電話を受けることが非常に苦手なのだろうと感じました。
また、こうも思いました。
自分ではこのように回答したいと考えていても、
突然電話がなると慌ててしまい、
どう対応したらいいか分からなくなっているのではないかと。
誰にでもそういった経験が一度はあるかと思います。
ただ、仕事のプロであっても電話に関しては必ずしもプロであるとは限りません。
自分が一番いいと思う応対ができること、
それがお客様にとって一番の電話応対であると思います。
電話応対に不安のある方は、一度電話代行をご検討してみてはいかがでしょうか。