お電話でお話しする上で、予想外だったのは、
お電話をお受けする時の姿勢が大事だということです。
声だけだから・・・と思ってしまいがちですが、
お受けする時の構え方も意外と重要だったりするものです。
普段話をするときも、
下を向いて話をするよりも、
まっすぐ前を向いて話す方が声も出やすく、
大きな声が出ますよね。
普段はあまり気づかないのですが、
下を向いている時に発する声と、
前を向いている時に発する声では
声の通りも大きさも明るさも違ってきます。
とはいえ、
相手の伝えたいことをメモをとりながらお受けしていると、
自ずと姿勢が前のめりになってしまいます。
そうなってしまうと、体にも負担がかかり、
自分自身の体調不良にも繋がります。
声だけのコミュニケーションだからこそ、
背筋をぴっと伸ばしてお電話をお受けし、
身心共に明るくお受けすることができるよう心掛けております。