みなさん、こんにちは。
入社してから半年が経とうとしています。これまで本当にあっという間でした。
ついこないだ入社したばかりだと思っていたのに、気付けばもう自分にも後輩という存在も出来ています。

自分の中で、半年くらい経った頃には出来るようになっているだろうと思っていたことがまだ出来ていなかったり、自分で定めている目標がなかなか達成出来なかったりしていて、悔しく情けない気持ちでいっぱいになることもありますが、身近にお手本となる先輩方がいらっしゃるので、なんとか少しでも近付けるように必死で食らいついています。

最近の私の課題は、「出来るだけ多くの電話を取ること」です。
そして、そのために出来る限り通話時間を短縮するということです。ですが、それがやはり難しいのです。

ご存知かと思いますが、電話代行の仕事は色々な企業様のお電話をその会社の人間として代わりに受けるというものです。
電話を出る時の名乗りもすべて違いますし、会社によって業種も事業内容も違います。取次ぎのみをする会社もあれば、注文を受ける会社もあります。
お電話を取ったら、その会社の応対方法を確認しながら対応していきますが、どういう対応をすればいいのかということを判断する時間がなかなか短縮出来ません。
時間短縮しようと焦って、間違った対応をしてしまうことが怖く、何度も何度も確認をしていることが原因の一つです。
もちろん対応を間違わないようにすることは一番大切なことなのですが、他のお電話を取り逃がさず、たくさんのお電話をお受けする為にも、一人一人の通話時間を短縮することも非常に重要なことです。

正確に、そしてスピーディーに対応することが出来るようにならなければなりません。
そのためには、たくさんのお電話を取り、色々な会社、色々なケースの電話対応の経験を積むこと、そうしていくことによって、どのように対応すれば良いのかを判断する時間を少しずつ短縮していきたいと思います。

今の悔しく情けない気持ちを払拭するためにも、何ヶ月後かの私が今よりレベルアップしていられるためにも、目の前の目標を一つずつクリアしていき、日々精進したいと思います。