弊社では、電話代行業務を遂行するにあたり、スタッフ一人一人が適切な応対法や、
お客様に好印象を与えられるようなマナーを身に付けるため、マナーセミナーを受講しております。
電話代行サービスとは、ご契約頂いている会社様宛のお電話でございます。
よってスタッフ一人一人が責任感を持ち、より一層のサービス向上を目指し、励んでおります。
その為にも、スタッフは外部のマナーセミナーを受講し、適切な電話応対や接客技術を学んでおります。
今回はそのマナーセミナーで受講した内容及び、
業務において活かしている事を中心に記載させて頂きます。
お電話での応対のみでなく、ビジネス上でのやり取りをする場合に、
「承知しました」や「かしこまりました」と言った言葉を使用する機会がお有りかと思います。
上記はどちらでも適切ではありますが、「かしこまりました」とお伝えする方が、
より接客の色が出た表現になります。
弊社でも基本的に、「かしこまりました」を使用するスタッフが殆どでございます。
また弊社で心掛けている事は、『笑声』でございます。
他社の電話代行会社も数種類ございますが、弊社ではスタッフ全員がこちらの『笑声』を心掛け、
お電話をかけてこられたお客様に、少しでも好印象をお与えできるような応対を心掛けております。
お電話でのやり取りの場合は、相手の表情を見ることが出来ません。
よって、声のみで相手に全ての印象が伝わってしまいます。
この事を常に念頭に置きながら、日々の電話応対に励んでおります。