様々なお客様のお電話を取らせて頂いていると、
その場に応じて臨機応変に対応することが
重要だと考えることが多くなりました。
これはクレームに対しての対応についても言えることですが、
相手がこうして欲しいというご要望に対して最善の策を提案するには、
その場で考える力と対応策について引き出しを多く持っておかなければいけません。
その場でご要望に応えることができるのが一番なのですが、
そこは電話代行という特質上その場で回答できない場合がございます。
そういった場合に相手に一番迷惑をかけないように対応をすることが、
一番難しくかつ技量がいることです。
こういう時にこうするというような
パターンをある程度用意することができれば、
様々な場合に対して対応することができます。
ここには経験も積まなければできないところもありますので、
先輩方の応対能力には日々感心するばかりです。
まずは”相手にとって一番いい方法は何か”というのを考え、
少しずつではありますが引き出しを増やしていくことが、
お電話頂いた方にとって
気持ちよくお電話を切って頂ける第一歩なのではないかと思います。