どんな場面であっても、お待たせする際は細心の注意が必要です。最善の方法で最短の時間で対応する。分かってはいますが、なかなか難しいことですよね。
 これが電話となるとさらに難しくなります。唯一の声でのコミュニケーションが、保留をすることによって途絶え、何の情報も入ってこないままただ待つだけの状況になるからです。
 この状況になると、人は普通の何倍も時間を長く感じてしまいます。
 電話でお待たせするという事は、それだけ相手の体感時間を長くしてしまっているのです。だからこそ、できる限りお待たせしない応対をすることが重要になってきます。
 分かることに関しては迅速にお伝えし、分からないことに関しては速やかにお繋ぎする。
 これができれば、相手も安心して伝達することができるのではないでしょうか。
 その場に応じて最善の応対を考え、お客様にとってもご契約者様にとっても一番いい状態でお電話を切る事ができるよう、日々試行錯誤しながら、お電話をお取りしております。