本日もCUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきありがとうございます。
弊社CUBE電話代行サービスでは、英語も日本語も対応ができる英語プランをご用意しており、本日はプランとオプションのご案内と実際のご活用例をご紹介いたします!

【目次】

1)英語プランご紹介
・CUBE電話代行サービスの英語プラン
・3種類の英語プラン
2)英語プランの特徴
・日本語プランとの相違点や、対応方法
・CUBEのオプションサービス
3)ご活用方法
4)お問合せ先

*************************************

1)英語プランご紹介

CUBE電話代行サービスの英語プラン

弊社の英語プランでは、月のコール数や対応方法に応じて、3種類のプランからご提案をしております。
英語を話せるスタッフ(日本人女性)が対応いたしますので、英語を話されるお客様からお電話があった場合でも、すぐに英語で対応し、内容を日本語に訳してご報告をさせていただきます。

基本的には、お客様のおっしゃった内容を日本語に訳して、ご連絡先としてご登録いただいたアドレスへメールでご報告をさせていただきますが、ご要望に応じて、内線感覚でお電話をお繋ぎする、「応答後転送」のサービスもご利用いただけます。
お話の内容により、お客様と直接お話になられたい方にとっては、応答後転送のサービスはとてもおすすめです。

また、ご連絡先を複数ご登録いただいている場合は、内容ごとにそれぞれのご担当者様にお繋ぎさせていただくことも可能です。
例:商品のお問合せはAさんへ転送/支払いや入金に関してのお問合せはBさんへ転送

もし、ご担当者様へお繋ぎいたしかねた場合は、「外出中のためお電話あった旨申し伝えます」や、「他のお電話に出ているため、折り返しご連絡いたします」などの対応も可能ですので、ご対応方法についてはぜひご相談くださいませ。

※応答後転送をご覧いただきたい場合は、こちら
※実際の対応イメージは、こちら

3種類の英語プラン

■英語compactプラン【月コール数:30回/月額会費:15,000円(税別)】

こちらのプランは、月のコール数が30回ほどの会社様におすすめしております。
お電話を掛けてきてくださった方の社名、お名前、ご連絡先、ご用件をお聞き取りし、内容をメールでご報告、又は貴社のご担当者様へ内線感覚でお電話を転送させていただきます。
こちらのプランでは、プラン内でご登録いただけるお電話番号とメールアドレスは1件まででございます。
※オプション料金にて追加が可能です。ご料金:1件あたり500円(税別)/月(最大10件まで)

■英語standardプラン【月コール数:50回/月額会費:25,000円(税別)】

こちらのプランは、月のコール数が50回ほどの会社様におすすめしております。
基本的な聞き取り項目の社名、お名前、ご連絡先、ご用件以外に、お客様のご住所やメールアドレスを聞き取る場合や、その他に別のご案内が必要な場合には、こちらのプランをおすすめしております。こちらのプランでも、プラン内でご登録いただけるお電話番号とメールアドレスは1件まででございます。
※オプション料金にて追加が可能です。ご料金:1件あたり500円(税別)/月(最大10件まで)

■英語superiorプラン【月コール数:100回/月額会費:48,000円(税別)】

こちらのプランは、月のコール数が100回ほどの会社様におすすめしております。
superiorプランでは、お電話番号とメールアドレスをプラン内で10件までご登録いただけます。プラン内のご料金で複数のご連絡先が登録できるため、各ご担当者様宛、各部署様宛、ご用件毎に、転送先やご報告先を振り分けることが可能な点も、おすすめのポイントです。
※オプション料金にてさらに追加が可能です。ご料金:1件あたり1,000円(税別)/月(最大20件まで)

またsuperiorプランでは、standardプラン同様に基本的な聞き取り項目以外(メールアドレス・住所など)の聞き取りはもちろん、Q&A対応(一問一答)もプラン内のご料金で対応させていただきます。

●例1
お客様:「購入した商品を返品したいのですが、どうしたらいいですか。」
CUBE:「それでは返品希望の旨を、お手数ですが一度メールでお送りいただけませんでしょうか。内容を確認いたしまして、担当者よりご連絡させていただきます。」

●例2
お客様:「次回の株主総会はいつですか。」
CUBE:「次回の株主総会は〇〇月▲▲日でございます。」

【Q&A対応の注意点】
※Q&Aでご対応できる内容は、A4サイズ1枚程度(1300文字前後)になります。
※制限を超える場合でも、別途お見積りを出すことが可能でございますので、ぜひ一度お問合せくださいませ。
※メールアドレス、住所等のお聞取りが必要な場合、別途応対料が発生する場合がございます。
※その他それぞれのプランについての詳細は、こちら

2)英語プランの特徴

日本語プランとの相違点や、対応方法

【営業電話の取り扱いについて】
英語プランのご契約に関しましては、営業のお電話もコール数1件としてカウントさせていただきます。日本語・英語のお電話に関わらず、どういった営業内容のお電話であったかをメール等でご報告いたします。もしご報告が不要の場合には、カウントには含みますが、ご報告を控えることも可能でございますので、その際は一度ご相談くださいませ。

【HPへの誘導について】
CUBEでは、お電話を掛けてきてくださったお客様に、会社のHPをご覧いただくように誘導する、といった対応も可能でございます。
例えば営業のお電話の場合、HPのお問合せフォームから内容をお送りしていただくようにご案内することが出来ますので、直接お電話で会話をするのは難しいけれど、内容は把握したいなどのご希望がございましたら、ぜひご活用くださいませ。
※HP誘導のご対応はstandard以上のプランで対応可能でございます。

【メールアドレスの聞き取り】
standard以上のプランでは別途応対料が発生いたしますが、お客様のメールアドレスの聞き取りも可能でございます。
例えば学習塾を経営されている会社様の場合、新規で入塾希望の方からお電話があった際は、塾よりメールにてお客様にご連絡を差し上げるため、CUBEでメールアドレスの聞き取りも行っています。
また別の会社様では、メールマガジン停止希望のお電話があった際に、どのアドレス宛にお送りしているかを確認するため、同様にメールアドレスの聞き取りを行っております。もし、お客様とお電話のやり取りではなく、メールでのやり取りをご希望の場合は、メールアドレスの聞き取りが可能でございますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。
※メールアドレスの聞き取り(参考価格):1件あたり300円(税別)~

【コールオーバー】
各プランでは上限のコール数が決まっておりますが、上限を超えてしまった場合でも、お電話が鳴った分は全て対応をいたしますので、ご安心くださいませ。その際、上限のコール数を超えた分には、1件につき500円(税別)のコールオーバー料が発生いたします。
※日本語プランの場合は、1件につき200円(税別)となります。

CUBEのオプションサービス

これまでにご紹介したもの以外にも、それぞれのご要望に合わせて、CUBEでは豊富なオプションサービスをご用意しております。
その中でも便利なものをいくつかご紹介いたします。

〇SNS報告:基本的に、弊社からのご報告はメールかお電話でのご報告となりますが、
      ご希望に応じて、SNSを利用してのご報告をする事も可能でございます。
      それぞれのオプション料金は下記の通りでございます。

・LINE報告:1,000円(税別)/月
・Chatwork:5,000円(税別)/月
・slack:5,000円(税別)/月
・Microsoft Teams:5,000円(税別)/月
・LINE WORKS:5,000円(税別)/月
・Google chat:5,000円(税別)/月

※LINE報告の詳細については、こちら
※Chatwork報告の詳細については、こちら
※slack報告の詳細については、こちら
※Microsoft Teams報告の詳細については、こちら

〇日報連絡:お電話を受電した際に、都度メールやお電話でご報告はさせていただきますが、
      それに加え、一日の受電内容をまとめて18時以降にご報告させていただきます。
      オプション料金はプランによって異なり、ご料金は下記の通りでございます。

・compact/standardプラン:3,500円(税別)/月
・superiorプラン:5,000円(税別)/月

※日報のサンプル・その他のオプションについては、こちら

3)ご活用方法

ではここで、ご導入の経緯も含めた実際のご活用方法をご紹介いたします。

●compactプラン:医療系ベンチャー企業様

お電話対応のご負担軽減と在宅勤務への切替を検討されている中で、外国籍の社員様のご在籍が半数を占めていらっしゃることもあり、英語で対応ができる電話代行サービスをお探しでした。
ご連絡は基本的に各ご担当者様へ直接入るため、会社代表に入ってくる入電自体は少ない見込みということで、月のコール数が30回のcompactプランから始めていただくことになりました。ご担当者A様宛のお電話のみ「応答後転送」、その他はご担当者様不明時も含め全て「在宅勤務中」と対応の上、ご伝言をお預かりするか、必要に応じて折返しのお電話をご案内しております。
また、compactプラン内でご登録可能なご連絡先は1件までですので、こちらの企業様の場合、全てのご報告をご担当者A様へ一旦をお送りし、A様にて各ご担当者様へお振分けをいただいております。

●standardプラン:外資系コンサルティング会社様

新事業のプレスリリースを日本と海外向けに出されるタイミングで、弊社へお問合せをいただきました。
プレスリリースに記載している電話番号の受付窓口ではありますが、お問合せへのご対応は電話ではなく、記録を残すために全て「メール対応」で統一されていらっしゃいます。そのため、対応は全て「ホームページのお問合せフォームかプレスリリースに記載のメールアドレスへご連絡くださいませ」とご案内しております。

●superiorプラン:外資系医療機器メーカー様

こちらの企業様は代表電話対応として、英語superiorプランをご契約いただいております。
基本的に代表電話にかかってくる英語のお電話の場合、9割以上が営業の内容で、お取引先様は各ご担当者様へ直接コンタクトをお取りになるとご契約時に伺っておりました。
ところが、英語でもまれにお取引先様が代表にかけて来られる可能性があり、一旦受電内容だけはお知りになりたいというお声から、英語プランをご契約いただくことになりました。そのため英語でのお電話の場合は、基本的に「May I take your message?」等で伝言を承りお取次ぎしております。
結果的にご用件が営業であっても、一旦ご用件を文字で確認することができるので、次の対応を的確に考えることができるとご好評いただいております。

※その他ご活用事例の確認は、こちら

4)お問合せ先

CUBE電話代行サービスには、営業専任のスタッフは在席しておりません。
皆様からのお問合せは、お電話もメールも全て実際の受電スタッフが承っております。そのため、実際に受電対応を想定して、弊社受電スタッフの対応品質をご自身でお試しいただけます。
笑声を大切にするCUBE電話代行サービスの応対を、是非お試しくださいませ。
ご相談やお問合せのお電話を一同お待ち申し上げております。

—————————————————————
お見積もりは、こちら
メールでのお問合せ・ご相談は、こちら
お電話でのお問合せは、直通ダイヤル 0120-888-108 にて承っております!
平日:9時~18時(月~金)
—————————————————————

CUBEの英語対応の電話代行サービスはこちら