みなさま、こんにちは。
CUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私は、この度7月に入社したばかりで、日々、新しいことを学びながら業務に励んでおります。
どうぞよろしくお願いいたします。

みなさまは、普段から「正しい日本語」を気にされているでしょうか。
私は、これまでの仕事でも会社様・個人様、いろいろな方とお電話でお話する機会がありましたので、電話対応にあまり不安はありませんでした。

ですが、いざCUBEに入社してみると、これまで使っていた言い回しが間違っていたということを先輩に教えていただき、とても驚いたとともに恥ずかしくなってしまいました。

先輩からは、ひとつひとつ丁寧にご指導いただき、1日目より2日目、2日目より3日目…と少しずつ上達しているように思います。

本当は丁寧に伝えたいのに、間違った日本語を使ってしまうと失礼にあたり、お客様に不快な思いをさせてしまう恐れもあります。

受電業務をしていると、よくクライアント様宛の営業電話を受けることもありますが、丁寧な方もいれば、間違った日本語で決まった文言を並べる方など、様々です。

同じ営業電話でも、もしその商品が本当に魅力的だったら・・・、もし電話をかけている方の言葉や対応が丁寧だったら・・・、このお仕事に携わるようになってから、他の人の言い回しや言葉遣いが気になるようになりました。

お顔が見えない電話だからこそ、私たちは正しくきれいな言葉で丁寧に対応いたします。
お急ぎのお客様からのお電話を受けると、ついついこちらも焦ってしまいがちですが、丁寧な応対は聞き間違いや確認漏れを防ぎます。
また、正しくきれいな言葉は、お電話をくださっている方に「この人ならきちんと対応してくれる」という安心感や、優しい印象を与えられます。

大切なクライアント様の会社の顔として、そして、お客様とのパイプ役として、ベストな応対が出来るよう、当社では新人スタッフからベテランスタッフまで、研修や教育を通して成長を続けております。

CUBE電話代行サービスは、大阪にオフィスを構えておりますが、クライアント様は北海道から沖縄まで全国各地の会社様にご契約いただいております。
そして、その多くは、既存のご契約者様からのご紹介や口コミによって当社をお選びいただいております。

電話代行サービスという言葉があまり知られていなかった時代から、みなさまに当社の受電対応スキルとサービスをお選びいただき、約20年の歴史がございます。

電話代行をご検討中のお客様は、些細なことでも、ぜひ一度お問合せくださいませ。
また、まだ検討する必要がないな、と思っていらっしゃる方も、普段の電話応対でのお困りごとなどございましたら、もしかしたら、私たちでお役に立てることがあるかもしれません。

何かございましたら、いつでもお気軽にお問合せくださいませ。
どうぞ、今後ともCUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。