3月も終わりに差しかかり、ようやく春を感じられる日も増えてきました。
東京で観測史上最も早い桜の開花宣言から早くも2週間が経ち、その他各地でも平年よりもかなり早く桜が見ごろを迎える予想が聞こえてきます。通勤電車の窓からもちらほら桜が見えるようになり、ささやかな楽しみになっています。去年は桜を楽しむ前に散ってしまったので、今年は桜をゆっくり満喫したいと思います。

さて弊社CUBE電話代行サービスでは、お客様のニーズやコール数に合わせたプランをご用意しております。私は英語対応のグループに所属をしているのですが、お客様からよく「英語プランを契約する場合は、日本語のお電話は対応いただけないのでしょうか。」とご質問をいただくことがございます。
弊社にて日本語プランをご契約いただく場合、対応は日本語のみとなりますが、英語プランをご契約いただく場合は日本語と英語両方の対応を致しております。その場合お客様のご要望に応じて、かかってくるお電話の言語にあわせて対応方法を分けていただくことも可能でございます。

例えば「取引先からの連絡はすぐに対応したいけど、英語対応が可能な担当者は外出が多いからどうしよう」とお困りの方もいらっしゃるかと思います。弊社では日本語のお電話がかかってきた場合は、ご指定の携帯や固定電話へ内線感覚で転送させていただく【応答後転送】で応対し、英語のお電話の場合は【担当者外出中】とご案内し、メールにてご報告させていただくなど、ご希望にあわせて柔軟に対応しております。

他にも英語のお電話に対しては、お電話ではなくHPのお問合せフォームからご連絡をいただくようご案内したり、ご指定のメールアドレスをお客様にご案内するようご指示くださっているクライアント様もいらっしゃいます。

今回ご紹介させていただきましたのは一部ではありますが、弊社ではお客様のご要望に応じでできる限り臨機応変な対応をさせていただいております。一部オプション料金が発生する場合もございますので、お聞き取り項目や対応についてのご希望がございましたらそちらもぜひご相談いただければと存じます。

お問合せだけでなく見積りのご依頼も随時受け付けておりますので、少しでも電話代行サービスにご興味またはご検討されている方は、ぜひ一度弊社CUBE 電話代行サービスまでお気軽にお問合せくださいませ。