クレーム対応ではお客様の立場になって考える、
お客様の心理を読むことが大切になってきます。
お客様の心理を読めないと(何か不満な人)(怖い人)つまり、
苦手な人になってしまいます。
しかし、お客様の発言の後ろにある気持ちや感情がわかると
対応の幅は広がります。
お客様の不満足の正体を迅速に突き止めて対処し
納得して頂くことで不満足が解消されます。
そして不満足を満足に替えられることができるかが私たちの役割です。
怖いなと感じるのではなくお客様の話に耳を傾け
最善の対応ができるように心がけていこうと考えています。