「~をきく」と一言に言っても日本語では二種類表示の仕方がございます。
聞く=hearと聴く=listenの違いになるのですが、
実際この2つはどう違うのだろうと思った事はございませんか。
聞く(hear)はただ何かを聞く事、
聴く(listen)は意識して注意深く耳を傾ける事を言うそうです。
確かに、英語の勉強をした時に、耳を傾けてほしい時はlistenと言っていましたよね。
日本語の音で発生すると同じ「きく」ではありますが、
「きく」人の意識がhearなのかlistenなのかで、
話している側の言っている事がきちんと伝わるかが変わって参ります。
お電話をお受けしていると、
ただ聞いているだけだと理解が出来ない内容のお電話を多々お受けする事がございます。
お電話頂く方の話し方も一人一人違いますので、
それぞれのお話しをきちんと把握した上でご連絡をするには、
listenの姿勢で耳を傾ける事が必要です。
意識して聴く事。
かなり労力のいる事ではございますが、常に意識して実施していきたいです。