お電話でのお話し、メールでのご連絡をする中で、
言葉のニュアンスというのは非常に伝わりにくいものだと日々実感しております。
例えば「お伺いする」という言葉一つをとっても、
聞くと行くの二つの意味の敬語ではございますので、
聞きに行くを敬語にすると、「お伺いにお伺いします」と言ってしまいそうになります。
ですが、それでは意味が伝わりにくいので、
「直接お話しをお伺いしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」というように、
表現を変えてお伝えするようにしております。
お電話頂いた内容をそのままお伝えすると、
実際には何を伝えたいのかと言うところが、分かりづらくなることもございます。
敬語の使い方はもちろん、分かりやすく伝わる方法でご連絡をするのが、
お電話頂いた方にも契約されている会社の方にも一番喜んで頂けると考えております。
今後も意識して、言葉のニュアンスや伝え方を工夫し、
応対、ご連絡をしていきたいと思います。