弊社の受電環境は、受電システムを立ち上げ管理、受電するためのデスクトップと、メール作成や資料作成用のノートパソコンがあります。
パソコン2刃流です。
なぜ2台かというと、1台のパソコンでCTI(Computer Telephony Integration)を利用し、さらにもう1台で独自のオペレーションシステムを利用しています。
こうする事で、できる限り詳しい応対をリーズナブルにご提供する事が出来るのだそうです。
ですが、私はあまりパソコンと仲良くなかったので、最初の内は2台同時に扱う作業は苦戦を致しました。
先輩方は受電しながら入力は勿論の事、お客様と会話しながらメールを作成し、お電話を切る頃には報告メールがほぼ出来上がっているという速さです。
神業です。尊敬の眼差しです。
今では会話をしながらキーボードを叩けるようになりましたが、最初のうちは、会話とタイピングの内容が頭の中でごちゃ混ぜになってしまい危険でした。
何かをしながら何かをするという事は難しいです。
聖徳太子はすごいです。
私はどちらかというと一点集中型でしたが、この職場では常に周りと情報を見て即時対応をしないといけないので、周りを見る力はついた方だと思います。
これからも集中して、より良い判断を瞬時に出来るよう努めます。