お電話の対応は、声のみのコミュニケーションです。
少しでも第一印象を悪くしてしまえば、
そこで台無しになってしまいます。
そのような事が起こらないよう、
お電話での対応については細心の注意が必要です。
同じ言葉でも、ただそのまま伝えるのではなく、
枕詞を使う事で、表現が柔らかくなり、印象が良くなります。
①「担当が外出しておりますので、折り返しご連絡させて頂いてもよろしいでしょうか。」
②「あいにく担当は外出しております。
恐れ入りますが、折り返しご連絡させて頂いてもよろしいでしょうか。」
同じ内容を伝えていますが、どちらの方が印象がいいでしょうか。
枕詞を使用した②の方が印象がよく感じますよね。
このように、ちょっとした言葉を付け加えるだけでも印象が変わってきます。
印象が柔らかくなることで、お電話頂いた方にも気持ちよくお電話をお切り頂けます。
お電話の対応の際は少し意識してみてはいかがでしょうか。