お電話は声でのコミュニケーションです。
声が出なければ始まりませんので、
喉のケアというものが重要になってきます。
普段から意識しておりますが、
冬場や花粉の季節となると、風邪や花粉の影響で、
喉の調子が悪くなることがございます。
そういった時には、喉飴を舐めたり、
お腹から声を出すことを意識して、
発生をするようにしております。
よくお腹から声を出すと大きい声が出ると言われますが、
まさにその通りで、お腹から出すことによって、
喉の負担も軽減されます。
私自身は喉から声を出していたようで、
少しでも調子が悪くなると、声が出にくくなっておりました。
お腹から声を出すことを意識する事で、
声も大きく通るようになり、
声が出にくいといったことも以前よりは少なくなりました。
少しずつでも改善していくことでよくなっていく事がございます。
常にいい声でお電話をお受けする事が出来るよう、
日々試行錯誤しながらお電話をお受けしております。