こんにちは。みなさま、どのようにお過ごしでしょうか。
最近は、ますますおうち時間が増えてきたのではないでしょうか。

私自身も仕事終わりの過ごし方や、お休みの日の過ごし方が変わり始め、家で過ごす時間が増えてきました。

みなさまも、コロナ禍以前の頃と比べ、おうち時間が増えるとともにストレスも増えてきていることを実感されている方もいらっしゃるのではと思います。

電話代行をご利用いただければ、少しでもお仕事の効率化や人件費削減になり、ストレス解消のお手伝いは難しいかもしれませんが、ストレスの根本を増やさないお手伝いが出来るのではないかと思います。

また、コロナ禍以降で在宅勤務やテレワークを始められた方、出社日数自体が減った方など、そもそもの仕事の仕方が変わってきている方も多くいらっしゃると思います。

社内で出社人数を押さえるために社内用携帯を増やしたり、電話に出る事務員の人数を減らしたりしなければならないなど、企業様によって悩みも異なると思います。

CUBE電話代行サービスでは、様々なプランの設定、オプションなども追加が可能なので、みなさまの会社での勤務形態に合わせた形で、お役に立てればと思っています。

ここで、応答後転送を利用して、在宅勤務に入られている従業員の方がいらっしゃる会社様の例をお話させていただきます。

まず『応答後転送』というのは、弊社CUBEのスタッフがお電話を受けたあと、保留中にご担当者様の携帯電話等にコールして、お客様とご担当者様のお電話をお繋ぎするというまさに内線感覚でご利用いただく応対方法です。

転送時には、対応について折返しなどの指示をいただいたり、もちろん、そのままお客様とお話しいただくことも可能です。

社内の中で半数は在宅勤務、もう半数は出社をしているような状況でも、各ご担当者様ののスケジュールを事前にCUBEへメールや電話でご連絡をいただけましたら、ご指示通りの内容で、その日のみご対応することも可能です。

日によって在宅勤務に入られている半数の方宛の名指しの電話が入れば、それぞれご登録の携帯まで転送し、もう半数の方宛の電話であれば、事務所に転送する、といったご対応も出来るのです。

ご登録ご希望の人数によって、シンプルプランやスタンダードプランなど、別途、オプションでのご対応となる場合もございますが、プラン内でご登録されている従業員の方に関しては、上記の例のような、各ご担当者様毎のスケジュールによって異なった応対方法をご指示いただいた場合も、特に別料金は発生いたしません。

私たちがお電話を受ける際にも、必ずみなさまのご予定を確認した上で、応対を行ないますので、日によって、又は、時間帯によって、応対方法を変えて欲しい方などにも打ってつけではないかと思います。

もちろん普段、なかなかお電話に出ることが出来ないという方は、転送はせず、全て折返し対応をすることも可能です。

今回は、在宅勤務の場合の応対例のお話しでしたが、その他にも、外出中、打合せ中、会議中、離席中など、様々な応対方法がお選びいただけます。

伝言のみで良いと仰る場合は、折返しをご提案せず、そのまま伝言内容をお聞取りし、ご報告いたします。
ご報告に関しても、メール、電話連絡、SNSなどいくつか種類がございますので、各企業様に合った方法でご報告いたします。

応対や報告方法、オプション等、組み合わせやパターンは無限大に広がりますので、少しでも電話代行に興味を持たれましたらお問合せくださいませ!