こんにちは。
本日もCUBEブログをご覧下さり、ありがとうございます!
新型コロナウイルスの感染状況を確認する日々になり既に1年以上が経ちましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
CUBE電話代行サービスでは感染対策をしっかりと行い業務に取り組んでおります。
マスクを着用したままの受電対応となりますので、日本語と英語どちらの言語でも聞き取って頂きやすいよう、普段よりもさらに発声・発音に気を配って対応しております。

今回のブログでは私が普段どのように英語時間を設けているかについて、お話ししたいと思います。
意識して時間を作らない限り全く英語を使わずに一日を過ごす日もあると思います。私自身そのような日には、タブレットに入れているニュースアプリで世界の記事をできるだけ英語で読むことにしています。世界で起きている事柄も日本国内のニュースもアプリ一つで読むことができるうえに今どきは無料で利用できるアプリが増えて良い時代になりましたね。文字を目で追って読むだけでも良いのですが、英語の量を補填するために取り組んでいますので、ニュース記事を読む際には下記の様な点を心掛けています。

・ニュース記事を声に出して読みあげる
・文中の分からない単語や初めて目にする表現は書き出して調べる

まず、音読をすることで、黙読の時に起こりがちな単語のスキップを防ぎながら、内容を頭に入れることができます。口から出して正しく発音できない単語は、実際に聞いた時にも聞き取れるわけがありません。そういった事がないように発音の確認も含め音読し、音声入力機能を使って正しい文章の入力ができるか試しています。
 次に単語や文章の書き出しです。普段は分からない単語があっても文章の前後関係で大体の予測はつけられますが、実際の受電時に予測で報告することはできませんので、分からない単語を見つけた際にはすぐに自分の中に落とし込めるようノートに書き出しています。
 ニュースアプリ内には、様々な長さ・複雑さのニュースがありますので、取り組みやすい記事を選んで楽しみながら英語学習を行っています。
時間にして30分~1時間ほどと長くありませんので、英語時間の取り入れ方を探されている方がいらっしゃいましたら、ぜひお試し下さい。

今後もスムーズで暖かい対応が出来るよう取り組んで参りますのでCUBE電話代行サービスをどうぞ宜しくお願い致します。