いつも英語ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

2020年も残すところ1カ月で終わってしまいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年はオリンピックや様々な季節の行事などが中止になり、今までの生活様式が変わった年になりましたね。
来年は行事ごとが楽しめる1年になればいいな、と思っております。

さて、今回のテーマである海外からのお電話についてお話したいと思います。
弊社CUBE 電話代行サービスでは、日本語応対だけでなく英語応対も行っております。

海外のクライアントとは基本的にメールでやり取りをしているものの、英語を話せるスタッフが不在時の電話対応にお困りの方はいらっしゃいませんか。
また、新しくスタッフを雇うにも人件費がかかり、応対の教育に多くの時間を割かなければいけなくなるかと思います。
そのような場合はぜひ電話代行サービスをご活用くださいませ。

弊社がご用意しているプランは月間コール数30コール・月額15,000円からとリーズナブルな価格でご用意しております。
お相手の社名・担当者名・簡単なご用件をお伺いし、指示内容に従ってお電話の転送や、メールやSNSでの報告をさせていただきます。
文面での報告であれば外出先からでもご確認いただけますので、帰社後の業務スケジュールもたてやすくなります。

ご契約企業様によっては、会社の代表電話宛に海外からお電話があった場合の一次受付や、海外の支店からの受電応対をお任せいただいております。
もちろん、海外からのお電話だけでなく通常の日本語でのお電話もお受けしております。
英語を話せる日本人スタッフが対応しておりますため、言語の切り替えもスムーズに行うことが可能ですのでご安心くださいませ。

初めて電話代行サービスの導入を検討されている方は少なからず不安もあるかと思います。
CUBEでは、そのようなお客様に少しでもご満足いただけるよう、「サービス保障制度」というものを設けております。
こちらはサービス開始からの1カ月間、サービス内容にご満足いただけなかった場合、全額費用を返金させていただきます。ぜひお試しくださいませ!
また、資料請求やお見積りも承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

今後とも、CUBE 電話代行サービスをよろしくお願いいたします。