季節はすっかり秋になりましたね。
秋といえば食欲の秋、読書の秋と色々連想されますが、皆様はどのような秋を想像されますか。私は今年、英語上達の秋にしようと思っています。
最近、オンラインの英会話を始めました。
私自身の自己啓発や、業務で英語のお電話を受けた際に今以上に円滑なコミュニケーションを取れるようになるのが目的です。

英語をネイティブ並みに話すことは難しく、相当な努力が必要だと思います。
なので、ネイティブ並みに話せる方はどういう勉強法をしているのか、調べてみる
ことにしました。

①英語の発音を習得する
一度癖づいたものはすぐに改善するのが困難らしく、発音においては12歳以上になると習得が難しくなるそうです。しかし、人間の脳にはミラーニューロンという相手の行動の真似をすることが出来る能力があるそうです。洋画を観たり、英語圏の友人と話して相手の言動を真似たりすることでこの能力が活かされ、発音改善の効果が期待されます。

②英語脳に変える
英語脳に変えるとは、日常生活の中で日本語を介さず、英語を使うように脳が働くことです。
皆様は普段日本語で生活していると思いますが、それとは別に英語脳を作ることで英語を習得しやすくなるそうです。
実際に私の友人は韓国人ですが、ネイティブ並みの日本語を話しています。友人に普段考えごとをしている際はどっちの言語なのか聞いてみたところ、答えは両方とのことでした。それを聞いたとき、友人は韓国語脳と日本語脳を持っているのだなと思いました。
では、どうすれば英語脳を作れるのでしょうか。
それは英語を話す量を増やすことです。英語圏の友人と話したり、日常で起こったことや自分の今の感情を英語で独り言をしてみることが効果的といわれています。

③楽しく勉強する
語学の勉強は決して簡単ではないので、途中でくじけそうになることが少なからずあります。また、社会人になると勉強に時間を割くのが難しくなりますよね。自分の好きな英語のドラマや洋楽など、楽しみながら勉強出来る方法が見つかれば一石二鳥ですよね!
ちなみに私のおすすめはGossip Girl(ゴシップガール)です。日常で良く使われる英語が出てくるので、言い回しを学ぶことが出来ます。ストーリーもおもしろいので機会があればご覧ください!

先輩方のように、よりスムーズな応対が英語でも出来るよう努力してまいります。
引き続き、CUBE電話代行サービスをよろしくお願い致します。