受電業務をしていると、お客様から様々なご要望のお電話がかかってきます。
様々なご要望を受け、それに対して会社様の方針に添って対応をさせていただくのですが、
お客様のご希望に添えずお断りをしなければならない場合もあります。
お断りをする際に心苦しく思い緊張してしまい、
説明がたどたどしくなってしまうことがあります。
それは一番良くないことで、お客様を不快に思わせてしまうことになります。
お客様にご納得いただくためには、それなりの説得力のある説明が必要になります。
たとえば結果的には同じ『できない』という意味であっても、
言い方一つで全く印象が変わってきます。
また、堂々とした声ではっきりと発言をすることで、声の説得力がでてきます。
お断りする内容だとしても、
お客様にご納得いただいた上でお電話をお切りいただけるように、
説得力のある話し方を勉強していきます。