入社から1ヶ月が経ちました。
電話の声のトーンや質を明るく変えることで、電話口の相手の方に良い印象を与えることができます。
例えば、自分の気持ちが前向きな時は声が明るくなります。
そういった時は、相手の方も良い気持ちで返して下さる事が多いように感じます。
しかし、自分の感情だけでその時々に応対の仕方を変えてしまうことなく、常に明るい元気な声が出せるようにしたいです。
もとはといえば“明るく元気な声”というのは、自分自身のモチベーションや体調が関係してくるかと思うので、
モチベーションや体調を保てる様に調整してゆく事が大事です。
当たり前の事ではございますが、電話口の相手の方の気持ちに立って応対をするには、
自分の気持ちや体調にある程度の余裕がなければできないことだと改めて感じております。
自分自身で調整をより上手にどうすればできるかを考え続けていきたいです。