電話代行業務で難しく感じたことは、「状況に応じた正しい敬語を使うこと」です。
本当は間違っているにも関わらず、定着してしまっている言葉が数多くあることを知り、
「この敬語、本当は間違ってるんだ…」とびっくりした言葉もございました。
たとえば、「お名前を頂戴できますか」
「お名前をお聞かせいただけますか」「お名刺を頂戴できますか」が合成された、造語だそうです。
「とんでもございません」という言葉は、「とんでもない」で1つの単語なので、これを2つに分けて「ない」の部分だけを「ございません」に変えることはできません。
正しくは「いいえ、とんでもないです」になります。
後者はよく使ってしまっていた言葉で、合っていると思い込んでしまっておりました。
私の海外の友人がよく口にする「敬語って日本語の中に多言語があるみたい、本当に難しい」との言葉を思い出します。
敬語の体系がある言語は特にアジアが多いらしいです。
「人を敬う言葉」
いくら気持ちが込められていたとしても、やはり敬語の間違いはマイナスの印象を与えてしまいます。
だからこそ、最低限のルールを学んでおくとともに、正しいかどうか微妙な敬語は、別の表現に言い換えるなどの工夫が必要です。
職場以外でも役立つことだとも思いますので、正しい敬語を身に着けるべく、日々勉強していきたいです。