突然ですが、皆様は、食べる事は好きですか。

私は、大好きです!
ご飯やスイーツ等、おいしい食事は、人を幸せな気持ちにさせてくれると思っています。

特にバイキング(食べ放題)がとても好きで、色とりどりのお料理やフルーツ・デザート等が並んでいる光景を見るとワクワクします。
新型コロナウイルス感染症が騒がれる前は、友人や家族とよく食べに行きましたし、旅行に行く際は、必ず朝食バイキングの付いたプランを選択して、ホテル予約をしていました。

厚生労働省から感染予防対策の強化のためのガイドライン『新しい生活様式』が発表され、主に飛沫感染や接触感染を防ぐ身体的距離(ソーシャル・ディスタンシング)にフォーカスした生活実践例が示されました。

これまでの生活が一変し、大好きなバイキングも提供方法が変わってしまいました。
あらかじめ小皿に取り分けられたお料理を取るスタイルや時間内のフリーオーダー方式へ変更されたり、食べ放題をやめて、おかず詰め合わせのテイクアウトに変更になったりと、店舗によって様々です。

ちょっとだけ食べたい・料理のこの食材だけ味見したい等の自由がきかなくなり、私としては残念に思っています。

さて、このバイキングという言葉ですが、完全な和製英語だそうです。
言われてみれば、北欧の海賊と食べ放題と何の関係もありませんね。

1957年に帝国ホテルの社長であった犬丸 徹三氏が旅先のデンマークで目撃した北欧スウェーデン発祥の食べ放題サービス『スモーガスボード』を気に入り、北欧=海賊バイキングという連想と豪快に食べるイメージをもとに『インペリアル・バイキング』という名前で提供したのが始まりとのこと。

これまでにない斬新なサービスが話題となり、急速に日本中に広がって食べ放題形式が定着したそうです。

当然ながら、海外のレストランでバイキングですか?と質問しても意味が通じません。
英語で食べ放題は、All-you-can-eatと呼びます。

ちなみに、日本ではビュッフェ(Buffet)もバイキングと同じように使われていますが、海外では自由に好きなものを選んで食べられるものの取った分だけ支払う形式が多く、食べ放題とは限らないため注意が必要です。

Buffetは、フランス語で扉付きの飾り棚を意味し、横長の飾り棚の中にさまざまな料理を並べたセルフサービスの立食スタイルを指す言葉だそうです。
色々なものをたくさん食べたい!飲みたい!そんな高揚する気持ちを抑え、食べ放題だと勘違いしないよう旅行時には気を付けたいと思います。

互いに1m以上あけて、横並びに座り、会話を慎んで食事に集中する・・・といったガイドラインですが、一緒に食事に行っても楽しめませんね。

芋・栗・南京をはじめ、たくさんのおいしい食材が旬を迎える食欲の秋。
毎年、この時期のバイキングを楽しみにしていましたので、ワイワイ楽しく食事ができないのは残念ですが、この事態が早く収束に向かうことを祈りつつ、新しい生活様式を守っていきたいと思っています。

コロナ禍、リモートワークや時差通勤等でオフィスを留守にされる企業様が増えていますが、その間の受電応対は、ぜひCUBE電話代行サービスにお任せください!

御社のスタッフとして、営業時間変更のご案内をしたり、指定の連絡先へ転送コールしたりと、臨機応変に対応させていただきます。

CUBEでは、大切なご契約企業様宛の受電業務に支障が出ないよう、従業員一人ひとりがしっかりと感染対策に努めています。

マスク着用は勿論のこと、オフィスドアはドアノブ経由の感染リスク回避と換気のために開放し、入口に消毒液を設置して出入りの度に使用しています。

今後ともCUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。