英語受電のグループに所属していますが、最近は新人さんが何名か入られ、英語の電話を取る機会はとても少なくなりました。英語のお電話があれば対応しますとお約束している契約者様以外にも、イレギュラーで英語のお電話がありますが、最近は法律事務所宛に英語のお電話が入る事が多いように感じます。日本が中々国際化しないように思えますが、実はどんどん進んで行っているのかもしれませんね。突然英語で電話対応する必要が出てきた場合は、ぜひCUBE電話代行サービスの英語プランをご検討いただきたいです。
*********
先日、CUBEが入っているオフィスの近くで外国人の方に道を教えたとブログに書いたのですが、せっかく英語が話せるのだからもっと英語を使いたい!と言う気持ちが強くなりました。2025年の万博誘致活動が行われているので、その関係でボランティアがあれば、参加出来れば良いなと思ったのですが、あまり詳細が分かりませんでした^^;次の11月にロシアとアゼルバイジャン(アジアとヨーロッパの間にある国だそうです。)と大阪で争っている万博誘致を最終決定する投票があります(フランスも有力候補だったのですが、いつの間にか候補を辞退していたようです。)ので、今後も万博誘致かには注目していきたいと思います。メールマガジンを登録すると、色々な情報がもらえるようなので後程登録してみたいと思います。
その他にも、英語でボランティアが出来る機会が無いかと調べたところ、『大阪国際交流センター』と言う施設を見つけました。(サイトURL: http://www.ih-osaka.or.jp/)
こちらのサイトの情報をチェックしておけば留学生など、外国人の方と交流する機会を得られそうです。学生時代は、留学生の授業アシスタント募集などがあれば積極的に参加していたので、その時の経験なども活かせたらいいなと思います。
*********
 言語は、使う機会が無いとどんどん忘れて行ってしまうので、自分から使う機会を作っていかなければならないと思います。英語の電話代行プランをお手頃な価格でご提供できることがCUBE電話代行サービスの強みですが、日本語のお電話と同じように英語のお電話もスムーズに対応出来る様、日々研鑽しなければと、考えています。ビジネスの電話対応マナーを磨くとともに、英語でも笑顔の伝わる笑声の対応が出来る様、色々な経験を通じてコミュニケーション能力を身に着けていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。