あけましておめでとうございます。本年もCUBE電話代行サービスをどうぞ宜しくお願いいたします。私がこのブログを書き始めて、3年目です。今年初めてのブログを書いています。そろそろ書く事が無くなってきてこまりますが、毎日考えている事をもっと皆様にお伝え出来る様がんばります!
余談ですが、私の周囲に、風邪とは違って鼻水だけの花粉症のような体調不良に悩まされる人が数人います。私もくしゃみが止まらず本当に困りましたが、市販のお薬を飲んで症状が治まりました。まだまだ寒くなりますが、皆様も風邪などひかれないようお気を付け下さいませ。

今回は、ビジネス英会話で必要な丁寧な表現について調べました。
●『~していただけますか。』⇒『Could you~? / Would you~?』
お客様に何かを丁寧にお願いしたい時はCan you~?ではなく、Could you~?やWould you~?を使います。
その2つの違いですが、
Could you~?は「能力的、物理的に可能かかどうか」を尋ねる言い方で、ニュアンスとしては「もしかしたら無理かもしれないのですが、~していただくことはできますか。」といった感じです。
またWould you~?は「相手の意思」を尋ねる言い方で、ニュアンスとしては「もしお嫌でなければ、~していただけますか。」という感じです。
・Could you hold on, please? ⇒少々お待ちいただけますでしょうか。(可能ですか)
・Would you hold on, please?⇒少々お待ちいただけますでしょうか。(お嫌でなければ)
(意味は違いますが、ネイティブスピーカーも特に意識せず使っているとのことですので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。)

この、Could you~?/ Would you~? は本当によく使う表現で、お電話があれば必ず言っているのではないかと思います。
例えば、お名前をもう一度言って頂きたい場合
Could you tell me your name again, please?
『担当者から折り返しお電話させて頂きましょうか。』とお聞きする場合
Would you like him to call you back?

CUBE電話代行サービスの英語プランは、簡単な内容の取次ぎ程度の対応ではありますが、英語を話せる人がいるのといないのではかなりお客様に与える印象が違ってくると思います。社内に英語を話せる人が1人しかいなくて、電話がかかってきたら何も伝えられない!とお困りの方や、メールなら何とかなるけれど、電話はどうにも難しいとお考えの方からご相談を頂くことが良くあります。
日本にいらっしゃる海外からのお客様がこれからはどんどん増えてくるようです。このチャンスにグローバル展開を目指す方のお力になれれば嬉しいです。