前回の続きで、目の疲れの対策や解消法について紹介します。
前回は対策を2つほど紹介したのですが、今回は解消法がメインになると思います。

■【対策3】PCモニターの位置を調整する
モニターの位置は、目線より少し下になる位置がいいようです。
位置が高すぎたり、低すぎたりすると目の疲れへとつながることはもちろんですが、
首に負担がかかったり、姿勢が悪くなってしまったりと悪影響が考えられますので、一度見直してみてください。
家でテレビを見るときの姿勢や距離も同じことが言えますので注意してください。

■【解消法1】マッサージをする
目が疲れているときに有効なマッサージ(つぼ?)を紹介します。
他にもいろいろあるみたいなので、興味のある方は調べてみてください。
・目頭
なんとなく疲れた時に自然とおさえてしまう人もいるのではないでしょうか。
ポイントとしては鼻筋へ向かって垂直に力を入れることです。眼球の方へ押さないように意識しましょう。
・眉頭
眉頭の少しへこんでいるところを、やさしい力で押してください。

■【解消法2】温・冷パックをする
熱めのお湯で絞ったタオルで目を覆うようにします。濡らしたタオルを電子レンジで温めても大丈夫です。
温めると血行が良くなります。やけどには注意してくださいね。
ただ、この方法だとタオルがすぐに冷めてしまうので、
長く温めたい時は市販のホットアイマスクが販売されているので試してみてください。
逆に、充血しているときは冷やすのがおすすめです。
氷水で絞ったタオルを使うか、濡らしておいたタオルを冷蔵庫で冷やしておくと便利です。

■【解消法3】まばたきを意識的に行う
まばたきの感覚が長くなると眼球を覆う涙の蒸発が早くなってしまいます。
作業に集中してしまうとまばたきが減ってしまうことがあるので、意識的にまばたきをするようにしましょう。
といっても無意識でまばたきが減ってしまうこともあると思いますので、
たまにゆっくりと目を閉じて開いてを10回ほど繰り返すだけでも効果があるそうなので、
気が付いた時にでも試してみるといいかもしれません。
目の症状に合わせて目薬を使用することももちろん効果的です。

普段、疲れがたまっていると感じる方はぜひ試してみてください。