今回は簡単な英語表現ですが、いざという時に活用できる文言をご紹介します。
もしも、どうしても、自身の電話での英語に自信がない場合は、
せめて、企業イメージを損なわないためにも、「英語が話せる者に代わります」
と覚えておくとよいと思います。

“I’ll get someone who speaks English.”(英語が話せるものに変わります)

また、つい「慌てて」しまい、とっさにどういったらよいか分からない場合には、
「お待ちください」という表現だけでも言って、まずは保留にするのも一つです。

“Hold on, please.”(そのままお待ちください)
あるいは、”One moment, please.”(しばらくお待ちください)