前回の問題の解答です。
1.「あなた」という二人称は、もともとは目上の人に使う言葉でしたが、今は対等または目下にしか使いません。上司や先生、親に向かって「あなた」とは呼ばないでしょう。
したがって「あなた」に「様」という尊称をつけてもお客様には不適切な使い方です。
2.「お宅」とは、?相手の家の敬称、?あなたのところ(あなたの会社)などをいう代名詞であり個人に呼びかける二人称ではありません。「様」をつけても違和感があります。
3.名前が分からない場合は、「お客様」と、ひとまず相手の地位、立場、役職等に「様」をつけて呼ぶことで抵抗感なく伝わります。(※本来役職名はそれ自体が尊称ですので、それに「様」はつけませんが、時と場合によっては「様」をつけて柔らかい言い回しにすることがあります)
4.1、2と比べると違和感は少ないですが、やはり「そちら」「こちら」という指示代名詞でお客様を呼ぶのは適切ではありません。但し、相手がお客様ではなく、立場などもはっきりしない場合には、次善の策として「そちら様」という呼び方もあり得ます。
従って、3が正解です。