敬語とは、相手や第三者の立場・人格を守り、大切にしている心を表現するものだそうです。
一般的に、目上の人や社会的地位の高い人などと接遇する際に使いますが、正しく使おうとすればするほど、かえって誤用を招いたりしてしまいます。
なぜそんなに、敬語は難しいのでしょう?
日本語は同じことを表現することばが色々あって、どの言い方がどの場面にふさわしいのか判断して使わなくてはなりません。そのため、難しいと感じるのだと思います。
「やっぱり難しいじゃないの」と思ってしまいますが、使い方のルールさえ心得ておけば、堂々と使えるのかもしれません。