電話代行はいつ頃からあったのでしょうか。
気になって調べてみました。※間違えがあれば申し訳ございません。
電話代行が始まったのでは考えられるのは昭和50年代前半に開発された転送電話装置が
出始めた頃です。
戦後は、電話の架設数が少なく電話が引けず開業を待機したり、電話がひけるまで1年かかったりしてり、またとても高価で一般家庭では高値の花だったようです。
昔は電話を借りに近所の家に行くという事があったようです。現代では不思議に感じますね。
遠方と連絡が必要な場合は、貸し電話業という電話会社が存在しており、
数は極めて少なかったのですが、電話番号を貸し、貸した電話番号の電話番をしてくれる
業者が存在しました。これが元祖電話代行サービスではないでしょうか。
こんなに昔から存在していたのですね。