私達は普段名札をつけて働いておりません。
ですので、ご来社頂いたお客様に名前を覚えていただける機会
というのはなかなか無いのが現状です。
しかし、お客様にお会いした時に、
「●●さん、これお願いします」
と、私の名前を呼んでくださることがあります。
また、お電話を受けた場合も            
「あ、●●さん?」
と、私の声だけで私と判断してくださることや、
新規のお客様にも
「あなたの応対は本当にいいね。名前はなんていうの?」
とお声をかけていただくこともあります。
もちろん、「業務上名前を覚えていた方がスムーズなので覚えました」
という理由もあるかもしれません。
しかし、上質な応対から
「なんて名前なんだろう」と思っていただけるのならば、
これ以上嬉しいことはありません。
お会いする機会が少ないからこそ、
1回1回の電話応対をより上質にすることを考えなければなりません。
名前を呼ばれることにより、親近感や信頼感も生まれます。
もっとたくさんのお客様に良い意味で名前をしっていただけるよう、
日々精進しようと思える瞬間です。