いつもCUBE電話代行サービス スタッフブログをご覧頂きありがとうございます。
つい先日、年末のブログを書いたと思っていたら、あっという間にもう2月が始まりました。
まだまだ寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、英語のアウトプット方法について少しご紹介したいと思います。
この数年は、新型コロナの影響で友人と会って食事をする機会が大幅に減ってしまい、
普段の生活の中で英語を使う機会がほとんど無くなってしまいました。
コロナが始まったころ、英語を使う機会が減るのに比例して
どんどんと身体から英語が抜けていくような気がして、焦った事を覚えています。
書いたり、話したりするアウトプットの大切さを痛感しました。

そこで、以前から取り組んでいる「海外ニュース記事を声に出して読む時間」を増やすことにしました。
発音の練習と同時に慣用句や新出単語、海外の政治・流行も同時に学ぶ事ができ一石何鳥にもなります。
難しすぎる事柄や、興味の向かない内容から始めてしまうと疲れてしまうので、
関心のあるトピックから始めるほうがオススメです。

メリットをたくさん感じられる音読ですが、やはり注意点もあります。
一人で声に出して英文を読むだけでは、初めての単語や表現に出会ったときに
自分なりの発音で読んでしまい、正しい発音を聞いた時に分からなくなる可能性があります。
正しい発音・トーンなどを耳で聞いてからシャドウイングをすると、発音の矯正も行えると思います。
電車などでの通勤時間には向かないですが、
どちらの方法もお出かけ前や帰宅後のスキマ時間に取り組みやすいと思いますので、
興味のある方はお試しください。

以前の電話代行ブログでも紹介したかも知れませんが、
音読練習をする際にはニュースアプリの【Economist Espresso】を利用しています。
こちらはandroid版のみですが、他にも様々なアプリが無料で出ているので、
まずは検索して上位のアプリを選んでみるのもいいかもしれないですね。

CUBE電話代行サービスでは、外へ目を向けることを忘れず、
常に様々な情報を取り入れて、電話応対の品質向上に努め、
大切なお電話を安心してお任せいただけるよう、日々工夫をしております。
電話代行についてご興味がございましたら、まずは一度CUBEへお問合せ下さいませ。
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。