皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、昨秋に入社し半年が過ぎたのですが、だんだんと受電できる件数も多くなってきて嬉しく思っております。
しかし、覚えることが増えると、脳を休める時間も必要であると感じるようになりました。

私どもの仕事の一部をご説明しますと、クライアントの皆様からご予定や応対ご指示をいただくと、受電業務の傍ら、入力作業も行うということがあります。
先輩方は1日150件以上の受電をするのが日常で、その全ての受電に対する指示内容を確認し応対しています。クライアント様は何百社といますので、全ての情報を合わせるとその量は計り知れないと思います。

私はまだまだですが、それでも今まで使っていなかった脳の部分を使っているような気がします。
それが理由かどうか分かりませんが、休みの日には自然と脳をリラックスさせる物を好むようになりました。
私は以前、接客をしており、事務もしながら現場にも出ていたので、体力仕事が続く日もありました。
そんな仕事をしていた時は情報にたくさん触れたくなり、休みの日に映画を2倍速で2本見るような休日を過ごしていました。
日頃インプットが少ないと、その分を補うようにいろんな物を吸収しようとするのかもしれません。

しかし、最近ではそのような休日の過ごし方に魅力を感じなくなってきました。
それに代わって最近では旅行をしたり、絵を描いたり、体を動かしたりするような、どちらかというとアウトプットが多い活動のほうが楽しく感じるようになりました。
聴く音楽にも変化が出てきて、音楽は歌が入っているものではなくクラッシックを聴いている方が落ち着きます。
特に、単一の楽器が奏でる美しい旋律が、最近の好みです。
ヨガをする時はさらに音楽が静かな物をBGMにしてリラックスできる環境を作っています。
日頃デスクワークをしていると、やはり運動量は少なくなりますので、伸びやストレッチをするだけでも体がすっきりします。
仕事が変われば、休日の過ごし方が変わるのだなぁと思います。

週に2日はお休みがありますが、やらなければならないことをするのに精一杯なので、長期の休みは棚上げしていたやりたかったことをたくさんしました。
今月は10連休と長いお休みをいただき、しっかりチャージしましたので、業務にしっかり取り組んでまいりたいと存じます。引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。