こんにちは!今回、初めてブログを書かせて頂くことになりました。
今までブログを書いたりしたことが無いので、うまく書けるのか自分でも少し心配ですが、お付き合い頂ければと思います。

CUBE電話代行サービスに入社して、一ヶ月半くらいが経ちました。
入社してしばらくはどんな内容の入電があるのか、また、きちんと喋ること・聞き取ることが出来るのか、パソコンや電話機の操作を間違えてしまわないかなど、緊張と不安が押し寄せてきて、自分の電話機に入電があるのを待っている間、心臓の音が周りの人に聞こえてしまうのではないかと思うほどドキドキして、手の汗が止まりませんでした。
ですが、毎日電話対応をしていくうちに、最近は幾分か落ち着いて対応出来るようになってきたと思います。

今はまだ対応出来る会社が少ないので、入電があるまで待機していることも多いのですが、その間、私は先輩方の電話対応に耳をそばだてています。
それはもちろん、先輩方の話し方や言い回し、声の雰囲気や声色を聞いて盗むために他なりません!
実は私、自分の声が少し子供っぽく低いような気がして、多少コンプレックスを持っています。
そこで今、私は先輩方の笑声や言葉遣いを思い出しつつ、出来るだけ真似しながら話すことを意識して電話対応するようにしています。そうすると不思議と自分もそういう風になれたと感じ、自分に少し自信が持てます。

これは電話対応に限らず、別のお仕事でもプライベートでも、もしかしたら無意識に、又は私のように意識的にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
身近にいる憧れている人や理想とする人の真似をする。

例えば、姿勢がきれいな人だったり、笑顔が素敵な人だったり、ああいう風になりたいなと思うところを意識して真似していると、だんだんそういう風になってくるんです。
実際には血が繋がっていないけど仲良しのご夫婦がそっくりだったり、ずっと一緒に過ごしている親友同士が兄弟に間違えられるほど似ていたりすることがあるかと思いますが、私はこういったことは、無意識にお互いの好きな部分や素敵だと感じている部分を真似していたりするところからきているのでないかなと密かに考えています。

今は、対応することに気を取られてものまねを忘れてしまうこともあるので、まだ先は長いかと思いますが、先輩方の笑声をお手本にして電話対応を磨き、先輩方のような真似したくなる笑声を自分のものに出来るよう日々精進していきたいと思います。