会話の締めくくりであるクロージングではお客様に出来る限り満足感を与えコールを締めくくるようにします。
日々さまざまな方のお電話を受電させて頂いており時にはあたふたとする場面にも遭遇します。
ですが常に冷静さを忘れないでお電話1本1本に対し電話をかけて下さった方のお話を真剣に聞いています。
「ご要望にお応えできるよう担当の者にお伝えいたします。」などの言葉を使用し相手の方に安心感を与えられるように心がけています。
その他にもクロージングの言葉の例としては
・他にお困りの事やご不明点はございませんか。
・お問合せ頂きありがとうございました。
・今後とも宜しくお願い致します。
などいくつかございます。

このような言葉を使い心地よい電話対応をする為には電話を頂いた感謝の気持ちをしっかりと伝えお客様の要望や気持ちを満たす言葉で締めくくるようにします。
また言葉に出さなくても電話対応の雰囲気でお客様に安心感を与えられるようにすることも大切だなと感じています。

顔が見えない電話対応では声だけで相手に印象を残します。
ですので、どんなに言葉遣いがきれいでも誠意をもって対応していますという姿勢がなければ相手に不快な思いをさせてしまいます。
見えてないから大丈夫ではなく見えていなくても相手が目の前にいると思いながら対応をしています。
他にもお客様一人一人にあったスピードや声のトーンを意識するとともに同調をすることによっても安心感を与えられると思います。

またお客様の信頼を落とさないようにするためには会員様の社員の一員としてできる限り会社情報を把握し適切な受け答えができるようにします。
お電話頂いたお客様だけでなく弊社にご契約いただいている会員様にも安心して会社の電話対応を任せられると思っていただけるように常に気を引き締めながらお電話をとらせて頂いています。

ただお電話をとらせて頂きその内容を報告するのではなく会員様の社員の一員として責任感を持ちながら受電をさせて頂いております。
会社の情報を把握するためにもあらかじめHPでどのような職業なのか、どういったサービスをされているのかを確認しております。
また変更事項があった場合でも臨機応変にスムーズに手続きができるように心がけています。
電話対応は個人プレーではなく会員様と私たちのチームプレーだと思っています。
よりよい信頼関係を築いていくためにお電話対応で会員様の手助けができるように今後も努力して参ります。