電話代行の業務に携わり日々の生活の中で変化が
見えてきました。
例えば、普段家族や友人との会話の中で
無意識に敬語が出て来るようになったことや
研修で学んだ、話しながら相槌を打つこと、
相手の話のスピードに合わせることなど
様々な事が私生活でも活かされています。
対面では顔が見える為相手の表情を確認することができますが
電話では声だけの情報で相手に印象を持たれてしまいます。
お客様の会社の窓口としてお電話に出ているという責任感を常に持ち
受電中の声のトーンだけでなくスピード等を意識しながら今後の
仕事に取り組んでいきたいと思います。