本日もCUBE電話代行サービスのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

弊社CUBE電話代行サービスでは、英語のお電話に対応可能な「英語プラン」をご用意しています。
ネイティブスピーカーのチェックを受けたオペレーターが御社の事務員として御社名を名乗り、日本語のお電話はもちろん、英語のお電話の応対も承っております。

1か月にかかってくるお電話のコール数によりますが、3種類のプランをご用意しております。
・Compact(コンパクト)・・・30コール/月
・Standard(スタンダード)・・・50コール/月
・Superior(スーペリア)・・・100コール/月
月のコール数を超えた場合は、コールオーバー料として500円(税別)/件かかって参ります。
コール数の目安があまりまだ読めない、というご状況でしたら、コール数の少ないプランで始めていただき、ゆくゆくコール数の多いプランへご変更をご検討いただくことも勿論していただけます。

CUBEから御社への詳細のご報告方法ですが、内線感覚でご担当者様にお電話を転送させていただく「応答後転送」、もしくはご担当者様からの折返しをご案内し、詳細をメールやお電話にてご報告させていただくことが可能となっています。
このご報告手段に、この10月からLINE、Chatwork、Slack、Microsoft Teamsも加わりました。
別途有料オプションとなりますが、在宅勤務でこういったツールをご活用になっている企業様も多くいらっしゃると伺っております。
在宅勤務中でもよりタイムリーなやり取りが可能となるかと存じますので、是非ご検討いただけますと幸いです。

さて、この連絡先の追加に関してもう少し掘り下げてみたいと思います。
ご連絡先は、CompactとStandardですと1名様ご登録が可能です。また、お1人当たり500円(税別)/月のオプション料金が別途発生いたしますが、このご連絡先を10名様まで追加することができます。
そうしますと、ご用件別にご担当者様に内容を振分けてご報告することが可能です。
Superiorではご連絡先を10名様までご登録することが可能でございます。月額の基本料金はCompact/Standardと大きく変わって参りますが、ご担当者様別にご用件がはっきりと分かれていらっしゃる企業様には、お役に立つプランかと存じます。ご連絡先を追加する場合はお1人当たり1,000円(税別)/月のオプション料金が別途発生いたします。

まだまだこの先テレワークや時差通勤等が必要ですが、海外とのやり取りは欠かせません。
そんな中でも弊社の電話代行サービスがお役に立てば幸いです。

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。