私は甘いものに目がなく、特に好きなのがチョコレートです。無限に食べられる気がします。
勤務中にも合間を見て食べています。みなさんは勤務中におやつを食べますか。
仕事内容やオフィスの環境によっても異なると思います。

私たちの職場は、基本的に勤務中は外部から見えていないところにあります。なので、おやつを食べていても、ジュースを飲んでいてもお客様から見られることはありません。
そうは言っても電話を取ることが仕事なので、何かをずっと食べているわけではありませんが、やはり1日中仕事をしていると、何かおやつを食べたくなるものです。
私はチョコレートが好きなので、チョコレートをよく食べています。仕事でイライラしたりうまくいかなかったり、そういうときは好きなチョコレートに少し癒してもらいます。チョコレートは好きというのはもちろん、口の中で溶けるので、すぐに電話がかかってしまっても対応がしやすいということもあって、おやつとしてはとても重宝しています。

勤務中のおやつについて少し調べてみました。
様々な媒体の様々なアンケートがありますが、勤務中のおやつとしてチョコレートが1位という結果が多いようです。
勤務中に疲れを感じた時、脳に不足している糖分をすぐに補えるという意味で、甘いものを食べるのはいいようです。
脳は1日にたくさんのブドウ糖を消費していて、糖分が不足すると眠くなったり疲れを感じたりするとのことですが、甘いものを食べることで眠気が解消され、作業効率が上がったというデータもあるようです。

一方で甘いおやつを食べると血糖値が急激に上がってしまい、そのあと急に下がってしまうのでよくないという情報もありました。
ナッツ類がおやつとしてはおすすめとのことです。ナッツ類は歯ごたえがあるので、私たちのような電話で話をする仕事をしている場合、勤務の合間に食べるのにはあまり向いていないかもしれません。
職務内容によっては、片手で食べられるので良いかもしれませんね。
あと、おすすめとしてあがっていたのがヨーグルトです。特にギリシャヨーグルトのようなものが良いそうです。

おやつの種類も様々で情報も様々でした。どの情報が正しいというよりは、自分に合うものを見つけるのが一番だと思います。一貫していたのは、おやつを食べるのはいいことだということです。
疲れを感じた時、空腹を感じた時、勤務中におやつを食べるというのは一見不真面目な印象もありますが、いい効果もたくさんあるようです。
仕事に支障のない食べ方をして、自分のモチベーションアップにうまく使っていきたいと思います。